「長いLINEは苦手」「忙しいからすぐ返せない!」などなど、女子のLINEに塩対応を繰り返す社会人男性も少なくないですよね。

そんな中、忙しい彼らが「こんなLINEだったらうれしい」「やり取りが楽しくなる」というLINEがあります。

ある意味ルーティン

「彼女からのLINEが、いつも20時頃『おつかれー(_´Д`)ノ』と来るのが地味にうれしいですね。

近い時間になると『今日もそろそろかな?』と思うし、頭の隅で何となく『今日はこの話をしよう』って考えたりもできるので、送る話題にも困らない。

来るのがちょっと遅れると気になっちゃうけど、こっちから『今日はどうした?』って自然に聞けるしね」(29際・男性)

忙しい社会人男性も、女子とのLINE自体が面倒なわけではなく、イレギュラーな対応がつらいだけかもしれません。

決まった時間に定期的に来るLINEは「それがあるのが当たり前」なので、むしろ気楽に対応できるし、返信にも悩まないのだとか。

「彼女からのLINEが来るまで集中して頑張ろう」など、彼自身の行動の目安にすることもあるようです。忙しい彼の生活にうまく溶け込むのがポイントです。

スタンプ遊びにも付き合ってくれる

「しっかり文章を考えるのは面倒くさいけど、スタンプ一個なら送れる、って時があります。そんな時に、そのスタンプに同じノリで返してくれる子って好きですねー。

せっかく送ったのに『何これ?どういう意味?』とか『これだけ?』とか言われると疲れちゃう」(24歳・男性)

もっとLINEして!と忙しい彼にお願いしておきながら、その内容にケチをつけちゃう女子っているものです。

「スタンプ一個に対する文句」もその一つ。「何これ?」なんて言われると、男性も「送るハードル高っ」とげんなりしてしまいます。

彼があいさつ系のスタンプを送ってくるなら自分もあいさつ系を、ハート系ならハートを、と、同じノリのスタンプを返してみましょう。

何往復かするうちに、自然と普通のトークが始まり、楽しく話せちゃうはずです。

時には「LINEにこだわらない」

「LINEの交換はしたものの、僕がLINE不精なのでやり取りが続かず、女子にキレられることもよくありました。

今の彼女は『じゃあインスタやってる?』と聞いてきて、投稿にいいねやコメントを時々くれるように。インスタでお互いの行動や好みを把握できたせいか、LINEの話題に困ることが激減。

『この前投稿してたハンバーガー、私も食べたい』なんて言ってくれて自然にデートにこぎつけられたり。LINEだけにこだわるより楽しいですね」(28歳・男性)

みんなが使っていて便利なLINEですが、それしか使っちゃいけないわけではありません。

トークが苦手な彼なら、LINE以外の手段でつながるのも手です。インスタへのいいねやコメントは「既読!返信!」という焦りがないのがいいところ。

トークで改めて話題にすれば、会話が広がりやすいメリットも。

彼が反応しやすい方法でコミュニケーションをとれるなら、LINEにこだわる必要はなさそうです。

「忙しい」だけが原因じゃない

忙しい男性は「LINEの文章を書く時間がない」のではありません。

コミュニケーションを取りたくても、内容を考えるのが面倒だったり、送る内容にこだわってしまって気が重い、のかも。

彼がラクに楽しめるコミュニケーションを考えてみると、今までよりずっと仲良くなれるでしょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)