恋愛まで発展できない女性

「いい子だな」と感じることが多い女性に対しては、男性ももちろん好印象を抱くものでしょう。

でも、「いい子」なだけのままでいると、そこから先の関係性へはなかなか発展できないかもしれません。

そこで今回は、「いい子だよね」で終わってしまう原因を紹介します。

恋愛まで発展できない女性

「空気」を読みすぎている

周りの空気を読むというのはとても大切なことですし、気配りや気遣いのできる女性という印象だって持ってもらえるでしょう。

でも、あまりにも空気を読んでばかりいると、損な役回りをすることになったり、自分の幸せをつかみ損ねるようなことにもなりかねません。

まさしく「いい子だよね」と思ってはもらえても、それ以上の感情が沸き起こりにくい女性でもあるのかも。

せめて好きな男性に対しては、空気ばかりを読まずに、自己アピールや好意を示す行動も多少は取るようにしないと、関係性に変化も起こせませんよ。

「特別感」を与えない

誰に対しても平等に接して、人によって態度を変えたりしないのは、ものすごく好感度の高い行動です。

ただ、場合によっては、誰にでもいい顔をする八方美人な女性に見えてしまう危険性もあります。

また、自分に対して他の男性たちと同じように接してくる女性には、男性も特別な感情を抱きにくいもの。

「自分にだけ」という状況に男性は弱いので、好きな男性にだけは頼ってみたり甘えてみたりという姿を見せると、ただの「いい子」で終わったりはしないはずですよ。

「控えめ」になりすぎている

自分の思いばかりを優先させて、何に対してもガツガツしているような女性は、男性からは煙たがられるもの。

とはいえ、あまりにも控えめになりすぎてしまうと、逆に「俺に興味がないのかな」と思われたり、よそよそしさが出てしまったりもするでしょう。

たしかに、控えめでおしとやかな女性は男ウケがいいですし、悪い印象を持たれたりはしないはず。

ただ、自分の意見を述べたり、気持ちや感情を表現することが少ないと、「一緒にいても楽しくないな」と男性は物足りなさを感じたりもするので、何にでも合わせたりするのは逆効果になるだけですよ。

「好きなタイプ」と全く違う

いくら「いい子だな」と感じる女性であっても、自分の好みのタイプとは大きくかけ離れていたら、やはりなかなか恋心は芽生えにくいです。

それは単に見た目の問題だけではなく、内面的なものや趣味やセンス、物事の考え方なども関わってくるでしょう。

ですので、好きな男性がどういった女性を好むのかは、それとなくリサーチしておいた方がいいかも。

寄せられる部分は寄せるようにすると、男性があなたを異性として意識し始める可能性も出てくるはずですよ。

おわりに

「いい子」であるのは、とても大きなプラスポイントです。

ただ、「いい子」なだけでは、物足りなさや決め手に欠ける部分も大きくなってしまうので、せっかくのプラスポイントも活かせないままで終わってしまいますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)