同棲カップル

付き合いが長くなってきてはいるのに、なかなか結婚へと向かっていかないカップル。

そういったカップルは、すんなりと結婚を意識することができない何か大きな原因があるはずです。

そこで今回は、なかなか「結婚が決まらない」カップルの特徴を紹介します。

同棲カップル

「今のこと」しか頭にない

やはり「ふたりの将来」について、ちゃんと考えていないカップルは、結婚への道のりも遠くなるもの。

今のことしか頭になかったり「今が楽しければいい」という思いだけでいると、いつまでもずっとその状態のままでしょう。

そして、そこに飽きやマンネリが生じたりしたら、ふたりの関係も一気に冷めきってしまったりもするかも。

今を楽しむのも大切ですが、付き合い始めてある程度の月日が経ったら、将来についてのお互いの考えを共有することが、信頼を築く大きな要素にもなります。

ダラダラと「同棲」をしている

「同棲」は「結婚」への大きなステップになると思われがちですが、ただ同棲をしているだけではなかなか結婚へは近づけません。

むしろ長い間ダラダラと同棲生活を続けてしまうと、結婚は逆に遠ざかっていってしまう危険性すら秘めているかも。

ずっと一緒に暮らしていることで「わざわざ結婚しなくてもいいんじゃない?」という思いが生まれたり、情や惰性だけで付き合うようなことにもなりかねません。

「結婚資金を貯めるために一年間だけ同棲しよう」といったように、期間や目的などをある程度は話し合っておかないと、時間だけがどんどん流れていってしまいそう。

どちらかが「まだ結婚を考えていない」

「結婚はタイミングが大事」とよく言われるように、お互いの気持ちがちゃんと噛み合うことが重要なポイント。

あなたが「結婚したい」と感じていても、男性が「今はまだ結婚は考えていない」という時期だったら、その思いは実らないはず。

それは逆の場合だってあり得るので、相手の状況や考えを理解しておくことも大切です。

特に男性は、仕事がうまくいっていないときや大きな仕事を抱えているときなどには結婚を意識することが難しいものなので、そういったタイミングで結婚を迫るのはいい結果を生みにくいでしょう。

お互いに「受身」である

なんとなく「いつかは結婚できたらな」という思いは抱えていても、それに対する行動を一切取らなかったら、状況が変わることはないでしょう。

もしもお互いに結婚に対して「受け身」の姿勢のカップルだったら、いつまでも今のままが続くことにもなりかねません。

そもそも結婚へと自ら積極的に動き出す男性は少ないはずなので、何にもそういった素振りが見られないのなら、女性の方から動いた方がいいかも。

まずは自分の結婚の意思を伝えたり、将来について話し合ったりすると、男性もそれが前向きに進み出すキッカケになったりもするものですよ。

おわりに

「結婚したい」という思いがあるのなら、やはりふたりでちゃんと話し合うことは欠かすことができません。

「いつかできるだろう」と思っているだけでは、なかなか実際に結婚へと動き出しはしませんよ。

まずは一歩、踏み出してみてください。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)