うまくいかないカップル

離婚経験者の筆者は、離婚してからというもの、人のことを客観的に見られるようになりました。

この人はなぜ恋愛がダメなのか……など、分析するようになりました。

そこで今回は、離婚経験者だからこそわかる「絶対にうまくいかない」ダメカップルの特徴を伝授しちゃいます。

うまくいかないカップル

1、お互いを尊重できていない

離婚経験者にヒアリングをしました。
・「我が強いと自分が正しいと思っているので、意見を絶対に曲げない」(30代女性/ライター)
・「所詮は自分の事しか考えていない自己中心人間だから、結婚してもうまくいく訳がない」(30代女性/臨床検査技師)
・「相手を思いやれない人は、誰とでも喧嘩になるので無理」(30代女性/主婦)

カップルに限らず人間関係では、基本的に相手を尊重し、感謝をすることが大切です。

残念ですが、相手の事を尊重できない人は、結婚しても長くは続きません。

自分が正しいと思って自分の我を通したら破滅がどんどん近づいてきます。

女性が男性をヨイショする必要はありませんが、お互いを敬い、認めあう関係になれなければ上手くはいかないと覚えておきましょう。

2、言いたいことが言えない

よくある話なんですけど、言いたい事が上手く言えない人って結構多いんですよね。

・「本当は言いたいけどすぐに喧嘩になるから我慢している」(40代男性/美容師)
・「喧嘩したくないし、口で言ってもわからないから黙っておくのが正解」(70代男性/無職)

「これ言わなくてもわかるだろう」なんて思ってしまいがちですが、そもそも言うべきことと言いたいことは言うべきなんです。

特に女性にありがちな「察してほしい」「気づいて欲しい」というのはちょっと甘えかも。思いはしっかり言葉にすべし、と覚えておきましょう。

3、視野が狭いカップル

視野が狭いというのは、客観的な見方ができないということ、こんな意見が寄せられていました。

・「考え方が浅く選択肢が1つしかないため、失敗しやすい」(30代/主婦)
・「周りが見えていないので自分達だけではなく、色んな人間をも巻き込む」(30代/臨床検査技師)

筆者の離婚原因は、そもそも結婚前の視野の狭さが要因だったと思っています。

また、周りに被害が被るという辛辣な意見もありましたが、確かに筆者も当時はたくさんの人を巻きこみ、迷惑をかけ、傷つけました。

実際に視野が狭い人間というのは、他者の事を考える余裕さえないケースがほとんどです。

おわりに

結婚には社会的な制約がいくつもあるので、結婚前から今回挙げたような傾向がみられる場合は、かなりリスキーです。

結婚と恋愛は一緒にせず、広い視野で冷静に判断をしてくださいね!

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)