社内恋愛

会社に素敵な人がいたら、一度は経験してみたい社内恋愛。

オンもオフも一緒だから、プライベートでは見られない一面を知ることができたり、メリットばかりが思い浮かびますよね。

でも、実際に社内恋愛をしているカップルは、メリット以上のむずかしさを感じているようです。

社内恋愛を成就させるために、知っておけば安全な3つの心がけを男性側からの意見も含めながら解説します。

社内恋愛

私情は持ちこまない

「社内恋愛の彼女と前の夜に大ゲンカ!次の日にどんなふうに顔を合わせたら良いかと眠れなかったけど、いざ会社に出勤すると「お疲れ様です♡」といつものニコニコ笑顔で声をかけてきてくれました。ケンカしことなんてなかったかのように、私情を持ち込まない彼女に感謝しました」(27歳 男性 営業 )

社内恋愛あるあるですね。

プライベートでのいざこざを社内に持ち込む公私混同はみっともない。もちろん、イチャイチャ行為も控えるべきでしょう。

同じオフィスに恋人がいると何かと周りに気を遣わせたりするので、その影響を軽く考えず、同僚や上司の目をしっかり意識して行動することが求められますね。

嫉妬を抱かない

「飲み会が多い会社だと理解してくれている彼女なので、女性がたくさん参加しても、嫉妬しないように自分の気持ちを抑えてくれていた。そんな彼女の気持ちがすごく嬉しくて、2人で会った時に、ついつい抱きしめたくなる。会社の女子と喋るたびにいちいち嫉妬されたら、すごく疲れるし、ちゃんとそこを分かってくれている彼女で安心しました」(30歳  男性  デザイナー )

社内恋愛の最大のメリットは、何と言っても、仕事中もずっと一緒にいられることでしょう。

彼がどこで何をしているかをほぼ把握することができます。

でもその一方で、彼が他の女子社員と接するシーンもしっかり目の当たりにすることになります。

嫉妬深い女性なら、そんな彼の態度にイライラしたり、落ち込んだり……。

嫉妬は感情の乱れにもなり、社内における業務の妨げになります。男女双方にとって、良いことではありません。

社内恋愛をするなら、不安や嫉妬など余計なことを考えてはいけません。

周りを上手く巻き込んで味方にする

・「社内恋愛って、バレた時が気まずいと思うので、彼女と相談して、仲の良い同僚や上司には交際報告をしました。周りが盛り上げてくれたり応援してくれたので、結婚も秒読みです」(29歳男性 法律事務所)

・「我が社は社内結婚している人が多いため、内緒にしなくても堂々と社内恋愛できる環境です。だから彼女にもコソコソせずに、社内恋愛を謳歌してほしいと思っています」(38歳 男性 介護士)

周りには内緒で貫くか、それとも公言するかで迷うのが社内恋愛。

社風が社内恋愛に寛容なら、公言して応援してもらうのも良いでしょう。世話好きな上司に、「結婚式の祝辞は俺に任せて!」なんて言われるかもしれませんね。

会社の人達が社内恋愛についてどのような考え方をしているかによって、公言の有無が決まります。

ただ、同僚に「彼女いない歴○十年」や「独身者」が多い時は、きちんと気を遣うこと。公私のけじめをつけて振る舞いましょう。

まとめ

社内恋愛は大好きな人と同じオフィスにいられる天国のような場所です。

でも、周りをきちんと見て振る舞わないと不評や嫉妬を買って、居づらくなってしまうかも。

対応に悩むこともあるかもしれませんが、社内恋愛を成功させるためには、気配りが最優先事項です。

もし、社内恋愛からのゴールインを狙いたいなら、上司や同僚を味方につけて彼を上手に誘導していってくださいね。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)