かわいい渡し方

バレンタインに、チョコを渡す予定はありますか?

同じプレゼントをするにしても、ちょっとでもかわいいと思われたいのが乙女心!

片思いの人も、彼氏に渡す方も、自分ができそうな「かわいい渡し方」を実践してみませんか?

かわいい渡し方

恥ずかしそうに微笑んで渡す

ちょっと恥ずかしがりながら渡すこの仕草。渡される相手も恥ずかしいですが、本気の気持ちを感じて、きっとドキドキしてくれるはずです。

「今日バレンタインだから……」と言ってチョコを取り出し、それから恥ずかしそうに少し微笑んで、そのまま両手で渡してみましょう。

特別なセリフはなくても、仕草だけでかわいく見えるので、恥ずかしくて上手くしゃべれない方におすすめ。

そうでない場合も、あまりわざとらしくならないようにして、もったいぶらず、パパっとこの仕草をして渡すといいかもしれません。

恥ずかしそうにすると、女子は必ずかわいく見えるのです。

「手、広げて」から包むように

「ねぇ!こうやって両手広げてみて!」と言って、彼に手を広げてもらってからチョコを渡すのもひとつ!

彼に手を広げもらったら、チョコを自分の手で包んで隠すようにして持ち、彼の手に置いて「どーぞ!」と言ってあげましょう。

外出中に渡すなら、寒い季節ですし、手袋をしていることもあるかもしれません。

手袋をしているのであれば、ふんわり感が演出できて、さらにかわいい印象に。

包んだ手を開くときに「じゃーん!」なんて言ってみても、おちゃめでかわいいかもしれません。

「あ~ん」で一口食べさせてから

おうちデートや個室にいるときにチョコを渡すなら、あえて一口食べさせてから渡す、というのもテクニック。

「ねぇねぇ、目をつぶって? あーんして?」と言ってみてください。

そこに、チョコをひとつポイ。「おいしい?」と聞いてから、改めてチョコをプレゼントしてみましょう。

相当鈍い彼でなければ「チョコレートをあーんするのだな!」と気づくと思うので、他の食べ物があるなら、フェイントでチョコ以外をあーんするのも面白いかもしれません。

「あれ!? チョコじゃないの!?」と笑い合って、今度はチョコを! なんていうのも楽しいですよ。

後ろから抱きしめながら手渡す

カップルなら、思いっきりラブラブな渡し方を試してみましょう。ふたりきりになって、落ち着いた雰囲気のときがチャンス!

後ろからギュっと抱き着いて、そのままハグ……、と見せかけて「はい、どうぞ」と、チョコを彼の前に見せて渡してみましょう。

背中から彼女に抱かれながら渡されるチョコに、彼もドキドキ間違いなしです!

おわりに

せっかくの贈り物なので、普段なかなか言葉にできないことを書いて、チョコと一緒に渡すのも◎。

改めてチョコを渡すというのも少し恥ずかしいかもしれませんが、せっかくのイベントですから、テンションを上げて、かわいく渡してみましょう。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)