バレンタイン

「友チョコ」は、その名の通り友達として渡す、バレンタインのチョコレート。

一見、恋愛とは無縁に思えるかもしれませんが、この友チョコも使い方次第では、その後に恋愛フラグを立てるいいアイテムになるのです。

出会いがないとお悩みの方は、この友チョコを恋愛イベントのきっかけにしてみませんか?

バレンタイン

お返しは合コンで(笑)

バレンタインの友チョコのお返しといえば、お菓子が定番。

でも、ここでお菓子や物で受け取ってしまうと、ただの社交辞令的なイベントで終わってしまいます。

ここはひとつ「お返しに今度、合コンに呼んでね~!」や「○○メンバーの合コンのセッティング、楽しみにしてるよ!」と茶化して、バレンタインのお返しにしてもらいましょう。

もし、あからさまにそれを狙っている、というのが言いづらいなら「友達がいい人捜しててるんだけどお願いできないかな?」と友達を理由にするといいかもしれません。

誰かいい人いたらお願いします!

合コンとはまではいかなくて、出会いのきっかけを、お返しにリクエストするのもひとつ。

たとえば、よく面倒を見てくれる女性になら「彼氏がほしいんですが、ずっと出会いもなくて…」と、相談しながらお願いしてみるのはいかがでしょう?

少しプライベートな相談で勇気が要るかもしれませんが、上司に「○○さんしか頼れる人がいないんです!」と、甘えてみるのもいいかもしれません。

上司だからこそ持っているコネや横のつながりから、思わぬいい出会いが期待できるかも!?

ひとりずつ紹介しあわない?

友チョコを渡し合うような関係なら、女性同士で、知っている男性をひとりずつ紹介し合うのも、いいかもしれません。

自分にとっては、恋愛対象にならなかった誰かも、女友達にとっては「こういう人がいい!」となるかもしれません。

そして、これはあなたにも言えること。

女友達にとっては、恋愛対象外であっても、あなたにとっては素敵な相手かもしれません。積極的に話を持ち掛けてみましょう!

気になる相手にだけ特別なチョコ

友チョコは、いろんな人に渡すことが多いかもしれません。

だからこそ、気になる相手には、みんなとは違う特別なチョコを渡すことで、違いをアピールすることができます。

ほんの少しでもいいなと思う人がいるなら、本命チョコではないけれど「あなたはちょっと特別なんだよ?」というメッセージを伝えてみて!

手紙や言葉はあえてなにもなし。だけど、あえて彼にだけ特別なチョコを渡して、相手の反応がどう変わるか、視線や話し方に変化がないかを、注意深く探ってみてください。

なにもなければないで、別に気にする必要はありませんし、もし向こうがなにか思っていれば、恋愛発展につながるいい作戦となるはずです。

おわりに

もちろん「都合のいいときだけ、こいつ~!!」と思われないよう、環境を整えておくことも大切です。

普段から、優しい気遣いを持って、一生懸命に仕事をすることなど。

「この子なら、自信をもって紹介してあげられる」「いい恋をしてほしいな!」と思われて初めて、いい恋が運ばれてくるのですから。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)