結婚を決意できない

彼女のことは好きだけど、なかなか結婚への踏ん切りがつかないという男性は少なくないはず。

男性にとってはかなり覚悟がいることなので、どうしても先延ばしにしてしまったりもするのかもしれません。

そこで今回は、男がなかなか結婚を「決意できない」理由を紹介します。

結婚を決意できない

仕事が「安定期」じゃない

男性にとっては、人生の中で仕事が最も大切なものであるので、仕事がある程度は安定した状態のときじゃないと、結婚を考えることもできません。
仕事がうまくいっていなかったり、まだあまりお金が稼げなかったりする状況では、結婚ができるイメージも湧かないはず。

逆に、ものすごく忙しかったり、大きな仕事を任されて転機を迎えているようなときには、結婚のことなどを考えている余裕すらないでしょう。
結婚はタイミングもとても重要なので、男性の仕事が落ち着いているときを見計らうということも心得ておかないとダメですよ。

「自由」への未練がある

結婚をすると、時間もお金も自分の思い通りに自由には使えなくなるというイメージがとても強くあるもの。

それは男性にとっては、かなり大きな問題として目の前に立ちはだかるはずです。

特に独身時代が長かった男性であれば、自由への未練はなかなか振り払えないでしょうから、結婚への決意も簡単にはできないのかも。

付き合っているときから、いつも一緒にいようとしたり、過度に連絡を取りたがる女性だと、なおさら結婚へのハードルは高くなってしまいますよ。

まだ「自信」が持てない

男性は結婚をしたら一家の大黒柱になって、家族を支えていかなければなりません。

だからこそ、気軽に結婚を意識したりできないし、「結婚したい」という気持ちがあっても、覚悟まではなかなか持てないのかも。

経済面はもちろん、責任感や将来への不安、本当にこのまま結婚をしてもいいのかという迷いなどが重なり、「まだ自信が持てない」という思いになるのでしょう。

ひとりで抱え込んでも悩みは膨らむばかりなので、ふたりで結婚について話し合ったりして、「一緒に支え合っていこう」と言ってあげると、男性の漠然とした不安も小さくなるはずですよ。

明確には結婚を「意識していない」

「いつかは結婚したいな」とか「いずれ結婚ができたらいいな」といったなんとなくの思いは、意外と男性も持っているもの。

だからといって、そこに具体的な計画や目標などがあるわけではありません。

強く明確に意識はしていないので、当然ながら結婚へと向かっていくこともないのでしょう。

やりすぎは禁物ですが、あなたの方からさりげなく結婚についての話をしてみたり、自分の希望を伝えてみたりすると、男性もちゃんと考え始めたりするでしょうから、軽く背中を押すのもときにはアリですよ。

おわりに

彼氏と結婚したいという思いがあるのなら、彼氏がどういう心境であるのかを察することも大切。

どうして結婚を決意できないのかがわかれば、多少は対処だってできるかもしれませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)