なかなか彼氏ができない女子

見た目もかわいいし、性格も悪くないのに、なかなか彼氏ができない女子っていますよね。

「友達は幸せそうで羨ましいなぁ……」と、つい周囲と自分を比べてしまいます。

でもずっと彼氏ができない人って、やはりNG言動をしていることが多いもの。

そこで今回は「なかなか彼氏ができない女子がやりがちなこと」についてご紹介します。

なかなか彼氏ができない女子

1、彼氏が欲しすぎて常に恋愛モード

彼氏が欲しいときに限って、なかなか良い出会いがないもの。

しかしながら「誰か良い人いないかな」が口グセ。男性は初対面から恋愛対象じゃなきゃ関わらないなど……。四六時中脳内が恋愛モードの女性もいます。

こういった「彼氏欲しい病」にかかってしまうと、せっかく出会った男性に対して、冷静な判断ができなくなりがち。

判断基準や行動基準が「恋愛できるかどうか」になってしまっているため、初対面で『重そう』『痛い女子』と思われてしまい、タイプの男性からも避けられてしまう恐れも。

例え恋愛対象外の男子だとしても、ゆるく繋がりを作っておく。発言が恋愛モードになってしまってないか気を付ける。

一度、完全な恋愛モードから離れることが、彼氏を作る近道でしょう。

2、恋愛する女子を全否定

強がりからか、「彼氏がいなくて自立している自分のほうが上」みたいな意識が強すぎる女性も要注意。

男性は自分を頼ってくれる女子が好きなので、敬遠されがちなのはもちろん、せっかく出会いがあっても、恋するチャンスを逃してしまいます。

もちろんいまの時代、恋人がいてもいなくてもどちらでも良いですし、結婚も個人の自由です。

でも上から目線で「ひとりの方が気楽だし~」「恋愛って男に依存するってことでしょ?」と恋する女子を全否定するのは、誰も幸せになりません。

「色んな生き方があって良い」「いまは恋人がいないけれど、これから先何があるかわからない」くらいの柔軟な気持ちでいたほうが、良い出会いもありますし、穏やかでいられますよ。

3、自分の「使い分け」ができない

男子の前でもつい女子会ノリで騒いでしまったり、強い口調で彼らを言い負かしてしまったり……。

こういう「かわいげのない女子」はどんなに元の性格が良くても、男性からは支持されません。

一方で短期間で彼氏を作れる女性や、恋人から長く愛される女性は、自分の使い分けが上手。

女友達とは明るくサバサバ付き合うけれど、彼氏にはかわいく甘えたりと、相手に合わせることができます。

一見「表裏があるんじゃないか……?」と思うかもしれませんが、人は色んな顔を持っていて当たり前。

他人の悪口を言っているわけではないのですから、何も問題はありません。むしろ色々と引き出しがあるからこそ、男性からも魅力的に思ってもらえますよ。

おわりに

自分の感情だけで動くと、恋人を作るのが難しくなるのかも。

彼氏が欲しいからこそ、まずは自分を客観的に見て、戦略を立てることが大切。

そうすることでうまくいく恋愛へと、流れを持っていけるかもしれませんよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)