付き合ってみたらダメ男に変わる男性

付き合う前は素敵男子だったのに、交際後はダメ男に変化してしまうことってありますよね。

「私のせいで、彼は変わっちゃったのかな……」なんて思いがちですが、実は彼はダメ男の要素を持っていたのかもしれません。

交際前にそのダメな部分を見抜いて、疲れる恋は避けるようにしましょう。

そこで今回は「実は『ダメ男』の可能性がある男性の特徴」についてご紹介します。

付き合ってみたらダメ男に変わる男性

1、 男友達からの信頼が厚い

男友達から信頼されているなんて、一見素敵男子に思えますよね。実際同性からの人望が厚い男子と、付き合いたい人は多いのでは?

でも仕事関係ではなく男友達からの信頼となると、ちょっと話は変わってくるかも。

もしかしたら飲み会や合コンなどの「フットワークが軽いから」、「男気があって気前がいいから」などの理由で、男友達から好かれているのかもしれません。

実際筆者の知り合いも、同性から好かれている彼に好感を持って付き合ったものの、デートはいつも彼の仲間との飲み会。

「たまには二人っきりで会いたい」とお願いしても、「俺の大切な友達なんだから、お前も仲良くしてくれよ」なんて見当違いな返答をされたんだとか。

こうなると彼との交際は難しくなりますよね。

2、 ハッキリ断ることができない

誰も傷付けず、やんわりと断れるのって大人な対応ですよね。そんな彼に優しさを感じ、惹かれることもあるでしょう。

しかし自分の言葉でハッキリと意思表示ができないって、ある意味ズルいんですよね。

そのため付き合い始めると、だんだんイライラしてくることがあります。

こういうタイプの男性ほど、彼女がいて言い寄られてもハッキリ断ることができず、浮気をしてしまいがち……。

「職場の同僚と付き合っていたのですが、元カノがしつこく彼に連絡をしてきて。ハッキリと『彼女がいるから』と断れば良いものの、それができず、ダラダラやり取りを続けていました。

そうしたらやっぱり元カノが勘違いしたらしく、告白してきたみたいで。それでも縁を切らない彼を見て、『これはダメだ』と思い、私から別れを切り出しました」というAさん。

いくら優しい彼でも、これじゃ毎日気が気じゃないですよね。

ダメなことはビシッと言える男子のほうが、彼氏にするには安心できますよ。

3、「家族は大切」と言いつつ、何もしない

家族を大切にしている男性と付き合いたいもの。そのため交際前に、それとなく彼に両親について聞く人もいるでしょう。

「家族は大切だよ」「両親と仲は良いほうだよ」と言われると、彼の好感度も上がるものです。

しかし実は口先だけで、両親には何もしていない……という男性もいるので要注意。

むしろ仕送りはせず、一人暮らしをしている自分の家を、母親に掃除させているなんて人も。

このようなタイプは彼女のことも「お母さん扱い」してくることがあります。

交際後に料理や洗濯など、彼の身の回りのお世話をさせられることもあるので注意しましょう。

おわりに

彼にたいして「良いな」と思っていた部分が、実はダメ男の要素だったりします。

全てをプラスに捉えるのではなく、「いまは良くても、もし彼と付き合ったらどうなるのかな」と様々な角度から考えるのが大切かもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)