プロポーズされない女子

“恋愛と結婚は別”という言葉を聞いたことがある人もいるはず。

確かに、結婚したらこの先何十年も一緒にいることに。となると、恋愛よりも結婚の方がパートナー選びに慎重になってしまうのも当然かもしれません。

女子の中には彼氏もいて、結婚願望もあるのに、なかなか結婚に結びつかない人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、プロポーズされない女子の共通点をご紹介します。

プロポーズされない女子

年相応の知恵や知識がない

“今だけの彼女” ならば、内面、特に知性などは求めない男子が多い気がします。しかし、結婚となると話は別です。

男子にモテようと外見を磨くのは大事です。人って第一印象が大事って言いますからね。しかし、外見だけ素敵で中身が空っぽ、薄っぺらいといと奥さん候補にはしにくいもの。

もちろん、惚れ込んでいる場合は別かもしれませんが、普通に考えて話した感じ、年相応の知恵や知識がなかったら『あれ?世間知らずなのかな?』『頭悪そうだな……』と男子もちょっと引きます。

「だって誰も教えてくれないんだもん!」と人のせいにするのではなく、自ら学びましょう。

相手を丸ごと受け入れることができない

誰にだって短所や欠点はあります。治ることもあれば、本質的なもので治らないこともあります。そう、世の中完璧な人などいないのです……。

結婚したいのならば、相手の欠点をチクチク批判する行為はNG。受け入れる姿勢が大切です。

どう頑張っても相手は自分の思い通りにはなりません。彼にプロポーズされたい!と思うのならば、ある程度受け入れることも考えた方がいいかもしれません。

交際当初から結婚の話が重い

交際当初から結婚の話ばかりすると、結婚は難しい気もします。

もちろん、出会った場所が結婚相談所など、はじめから結婚を目的とした出会いならば別ですが、そうではない場合、のっけから結婚の話は重いかもしれません。

特に、まだ結婚を考えていない男子からしたら、デートのたびに結婚を匂わす会話では『俺、責任取らなきゃいけないの? まだ結婚考えてないんだけどな……』と、徐々に会うことが億劫になってしまうかもしれません。

結婚を急ぎたい気持ちもわかります。しかし、早く結婚しようよ!と気持ちを押し付けるのではなく、彼が結婚したくなるよう、工夫したほうがいいかもしれません。

例えば、一緒にいてリラックスできる環境をつくるとか、家庭的な面を見せるとか、彼の忙しさを責めないとか。そちらの方が彼も徐々に結婚を意識するのではないでしょうか?

結婚したくても片方の意思ではできない

彼氏には事欠かないのに結婚の手前で二の足を踏んでいるケースは、もしかしたら「彼女にしたい女子」であっても、「結婚したい女子」にはなりきれてないのかも。

もちろん、彼からのプロポーズを待ってばかりではなく、自分からプロポーズするのも大事です。

しかし、結婚は片方の意思でできるものではないので、そのあたりを踏まえながら一歩一歩駒をすすめていきましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)