「親しみやすい」「気取らずに横を歩ける」などの理由から、意外に男子の支持が高い、女子のカジュアルコーデ。

とはいえ「今度のデートはカジュアルコーデにしよう!」と決めつけるのはちょっと待って!

男子にとってのカジュアルコーデには、OK・NGを分けるポイントがあるのです。

今回は、いったいどんなポイントに気を付けると男子ウケなカジュアルコーデになるのか、についてご紹介します。

カジュアルコーデ

女らしさが感じられるか

「スウェット&スニーカーだけどスカート、Tシャツ&ジーパンだけどパンプス、みたいに、どこか1点でも女らしさが感じられる要素がほしい。

全部がカジュアルアイテムだと子どもっぽく見えたりもする」(24歳/食品メーカー営業)

カジュアルなアイテム同士を組み合わせたコーデは、女らしさに欠けるのがネック。

トップス・ボトムス・シューズ・バッグなど全てのアイテムの系統を揃えるのは男子目線でNGのよう。

どこか1点、女らしさをアピールできるアイテムを取り入れることを意識しましょう!

手抜きに見えないか

「カジュアルなファッションって手抜きに見えることありませんか?適度にラフなのはいいだけど、パッと見て“手抜きっぽい”と思えるようなコーデはちょっと……。

ただ無難なアイテムを合わせただけじゃなくて、きちんと考えて組み合わせられたものがいいですね」(27歳/建築士)

デート用のコーデが“手抜き”と男子に思われてしまうと、あなたの魅力に目が行かなくなってしまいます!

カジュアル=無難というわけではないので、アイテム同士の組み合わせや色味、トレンド要素など“おしゃれ”を意識してコーデを考えるのが◎

男子側に「カジュアルだけどどこかおしゃれ」と思われることが目標です。

サイズ感がその子に合っているか

「カジュアルコーデにありがちなダボっとした感じが苦手。この前デートした子がまさにそうだったんだけど、袖も裾もシルエットもダボダボのパーカー着てて。

体型を隠す必要がなさそうなタイプなのに、あまりにもサイズ感が合ってなくてだらしなく見えた……」(23歳/塾講師)

カジュアルコーデはサイズ感も重要なポイントのよう。ゆるめのシルエットはアリですが、男子が“大きすぎる”と感じるレベルのアイテム選びは避けて。

アイテムの組み合わせでシルエットにメリハリを出したり、鏡で全身のシルエットをチェックしたり、ちょっとした工夫でコーデの印象が変わるので試してみましょう。

魅力的なカジュアルコーデを作るために

せっかくのデート、女子がどんな服を着て来るか、男子は楽しみにしています。

親しみやすさやリラックス感はたしかに必要ですが、“デート用のコーデであること”、“相手の男子を想って考えていること”などを意識することを忘れずに!

デートの服装をカジュアルコーデに決めたらなら、ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

(愛カツ編集部)