年の差を感じた瞬間

大好きな彼となら年の差なんて!と思っている女性も少なくないでしょう。

同じように、相手にも自分との年齢差は気にしないでほしいですよね。

今回は、男性が年下彼女との年齢差を感じる瞬間を聞いてみました。年上男性とお付き合いしている人は要チェックですよ。

年の差を感じた瞬間

寒さに強いなぁと思った瞬間

「彼女が20代前半なんですけど、冬でも平気でスカートに生足なんですよね。あれ見るたび、若いなぁって思ってつい年の差を痛感しちゃいます。年を増すごとに、寒さにはめっきり弱くなるんですよ。彼女を見てても、風邪ひかないかつい心配になります」(29歳/銀行・金融業)

ある程度の年齢になると、冬場に若い女性の生足を見て「セクシー♡」と思う以前に、「うわ、寒そ!」と感じるようになるのだとか。

それが自分の彼女だったりすると、思わず年の差を実感してしまう場合もあるようです。

年上彼氏の前では女性らしさを意識しつつも、彼に心配をかけないような服装を心掛けたほうがいいかも。

アニメの話が通じなかった瞬間

「7歳年下の子とお付き合い中。たいていは年の差とか気にならないんだけど、唯一ジェネレーションギャップを感じるのがアニメの話ですね。幽遊白書も魔法陣グルグルも通じなくて。しかも『ごめん、知らない』って話を切られたときは、さすがにちょっと悲しかったな」(34歳/技術職)

カラオケで年の差を感じるという話はよく聞きますが、実はカラオケ以上に年齢がわかりやすいのが、アニメの話題。

アニメは再放送されない限り、知っている世代が限定されるからです。

年上の彼がアニメの話を始めたら、「知らない」で終わらせないで、「面白そう、教えて!」とその先を促してみて。

喜んで話を続けてくれるはずですよ。

激しく愛し合ったあとも彼女が元気だった瞬間

「年をとると回復力も落ちるんですよ。そのせいか、年下の彼女との夜がちょっと激しめだった翌日とか、彼女だけ変わらず元気なのを見ると、年の差を痛感します。こっちは結構グッタリで、昼まで寝ておきたいくらいなんですけどね」(30歳/デザイン事務所)

ふたりでラブタイムを過ごしたあとに、彼女との年齢差を感じるという男性もいるようです。

イチャイチャしたあとは、とりあえず彼のテンションに合わせるのが正解かも。

翌日が休日で一緒にお出掛けしたいときなども、彼がまったりしたいようなら、「ねぇ、出掛けようよ~」とわがままを言うのは控えたほうがいいでしょう。

年の差は気持ちで埋められる

年上男性とお付き合いしていれば、ふとした瞬間にジェネレーションギャップを感じるのは仕方のないこと。

大切なのは、そのあとにお互いの価値観を認め合い、歩み寄ろうとする姿勢かもしれません。

少しでも相手に近づこうとするあなたの姿と気持ちに、彼もますます愛しさを感じてくれるはずですよ。

(愛カツ編集部)