彼女が欲しいと思う瞬間

「彼女が欲しい」という台詞を男性から聞いたことありますよね。

当分恋愛はいいかなと思っていても、きっかけさえあれば恋愛モードのスイッチが入ることはよくある話。

そのきっかけとは何なのか、どんな時にスイッチが入るのか、今回はその瞬間をご紹介します。

彼女が欲しいと思う瞬間

1:仲のよかった友人の結婚

「仲がよかった友人が結婚したときはやっぱり彼女が欲しいと思いましたね。結婚願望がそれほどなくても、結婚式に行くと“俺も結婚したいな”って思うじゃないですか。そんな感じですよね。このままでいいのか焦るんですよね」(Nさん・29歳男性)

友人の結婚をきっかけに恋愛モードになることもあります。

特に妻帯者に遊びの誘いはしづらいもの。

「最近友人が結婚してさ~」という男性がいたら、「休日とか遊び相手がいなくて暇してるんじゃないですか?私でよければ付き合ってあげましょうか?」とアプローチをかけると上手くいきますよ。

2:イベント時に幸せそうなカップルを目撃

「クリスマスとかバレンタインとかイベントごとで幸せそうなカップルをみるとさみしくなりますよね。一人暮らしのアパートの玄関を開けたら真っ暗なわけですよ。泣けてきますよね。彼女がいればなって本気で思う瞬間です」(Tさん・27歳男性)

イベント時というのは恋人がいないとさみしくなるもの。

好きな人に彼女がいないというのであれば狙い目の瞬間となります。

「予定とかあるんですか?」と聞いてみて「ない」と答えるようなら、「独り者同士、さみしく飲みにでも行きますか?」と明るく誘うとOKしてもらいやすくなるでしょう。

3:ふと自分の年齢に気がついた時

「ふと自分の年齢に気がついた時に彼女が欲しいって思ったね。仕事が面白くてここまで突っ走ってきたんだけど、中学の友達とかに会うとみんな結婚して妻子持ちで、“そうかそういう年齢か”って思ったね」(Wさん・31歳男性)

特に30歳などの節目を迎える年は今までの10年間を振り返ってしまうもの。

全然恋愛をしてこなかったという人こそ、「これからは恋愛をしよう」と意気込む傾向が強いです。

そんな人には「ひょっとして次の目標は恋愛なんじゃないですか?」と話しかけてみてください。

「相談にのってあげましょうか?」といって飲みに誘うのも1つの方法です。

4:週末に誰からも連絡がこない

「週末に誰からも連絡が来ないと、ひとりぼっちを実感しますね。パソコンを起動させて海外ドラマとかを見ながら“何やってんだろ”って思いますよ。彼女作ろうって思いますね」(Wさん・28歳男性)

週末に連絡が来ない寂しさに「恋人が欲しい」と実感する様子。

「週末は何してたんですか?」と聞いてめぼしい予定が返ってこなかったらチャンスかもしれません。

「もったいないですよ~。遊び相手が欲しかったら連絡してください。飲みくらいだったら付き合えますよ」とアプローチをかけてみるといいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は男性が「彼女欲しい」と思う瞬間をご紹介しました。

「彼女はいらない」と強がっていても本音では「欲しい」と思っていることもよくある話。

「いらない」なんて言っている人ほど実は狙い目かもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)