年の差

「愛があれば年の差なんて!」……そうです、確かにそうなんです。

わかってはいるけれど、フトしたときに年上彼女との年の差を感じてしまって切ない気分になる男の人って案外多いみたい。

今回は、年下彼氏が「あぁ、やっぱり俺の彼女、年上だなぁ」と感じた瞬間を3つご紹介しましょう。

もし、あなたの彼氏が年下なら、彼もきっと同じことを思っているかもしれません。

年の差

ジャニーズ話は結構危ない!

「なんでだったのかな?彼女とジャニーズの話になったことがあって、俺がそういえば、SMAPの『がんばりましょう』が運動会で使われてさ……って話したら、彼女が『そうそう!高校のとき、私、チアガールで、がんばりましょうに合わせて踊ったよ~今でも踊れる!』なんてひとり盛り上がってたんだよね。

でも、俺は小学校の運動会でその曲が使われてたの。まさか、小学生のとき、って言えなくてちょっと黙っちゃった」(27歳/会社員)

実は「学生時代にどのジャニーズにはまったか」って、結構ジェネレーションギャップがあるんです。

年下彼氏にうかつに光GEIJIの話をして「誰だっけ……?」なんて言われた例も。ジャニーズ話にはご用心!

焼肉屋さんのカルビトラップ!

「食べ放題の焼き肉屋さんに行ったときのこと。僕はここぞとばかりにカルビばかり頼んでたんだけど、彼女が『お願い、ハラミにして……』って言ってきた。

『えぇ、なんでよ?』って聞いたら『カルビあんまり食べすぎたら、胃もたれするの』って。あぁ、脂に弱い年なんだなぁ、って労わってあげたくなっちゃった(笑)」(26歳/公務員)

あれだけ底なしで食べ続けることができていたカルビや豚トロが、いつからか受け付けなくなった……。そんなあなたは彼氏と焼肉デートはちょっと注意です。

まだまだ若い胃袋の彼に合わせて無理して食べていると、翌日胸やけと戦わなきゃいけなくなる羽目に。

彼にも「胃もたれなんて……年取ったんだねぇ」と遠い目をされてしまうのがオチかも。

それ、死語ですから……

「俺の彼女、見た目はすごく若くてカワイイし、普段は全然年齢の差を感じないんだよね。でも、ふとしたときに出る言葉が、正直年を感じます。

例えば彼女、よく『ぶっちゃけさぁ』で話し始めるんだけど、正直、心の中で『昔のキムタクかよ!』って突っ込んでます。

あと、なんでも『超』をつけるんだよね。『今日の服、超かっこいいね』とか。あれもちょっとオバサンくさい……。」(24歳/営業)

え?ってびっくりした人も多いのではないでしょうか。

そう、アラサー世代が多用している言葉が、実はもはや死語となっている……という世にも恐ろしい現象が今起こっているのです。

あなたが若さをアピールするために使った言葉が、皮肉にも年齢を感じさせる……というケースも。美しくて正しい日本語が一番、なのかもしれませんね。

堂々としておくこと!

年下彼氏との年齢の差を気にして変に頑張ってしまうと、逆効果になってしまう場合も多々あります。

年下の彼は、年上女性の包容力や人生経験によって磨きあげられて美しさに魅力を感じているはず。

少々年齢を感じる言動があったとしても、ビクビクせずに堂々としていましょうね。……って、わかっているけど、それができたら苦労しないですよね。

(愛カツ編集部)