今やふたりの恋愛ツールとして欠かせないLINE。彼のあなたへの気持ちが、最初に出るところではないでしょうか。

男性の干支別に、彼女への気持ちが冷めてきたときに送りがちなLINEの内容やLINEの仕方と、それに対してどのような返事をすればよいのかのアドバイスを占います。

●子年生まれ…テキトーになる

子年生まれの男性はマメマメしいのですが、冷めてくるとそれはもうテキトーなLINEになります。「あーそうなんだー」「へえー」「すごいね」「ふーん」のような相づちばかり。

めげずに、主語述語をしっかり入れた用件LINEをマメにするようにしましょう。

●丑年生まれ…LINEが止まる

冷めたと自覚するとピタッとLINEが止まる、融通の利かない丑年生まれの男性。反応がない画面を見ていても仕方ないので、「話したいことがあるから会いに行きます。いつが都合よいですか?」とLINEをし、電話しましょう。

彼は意外とちゃんと話す人が好きなのです。

●寅年生まれ…責める内容になる

付き合いが長くなると冷める可能性が高くなる、寅年生まれの男性。もともとの理屈っぽさが強くなり「何それ」「どういうこと」と問い詰めたり責めたりするLINEになってきます。

恋愛初期の思い出の言葉やデートなどをLINEに盛り込み、最初の頃の気持ちを思い出させて。

●卯年生まれ…具体的な誘いを断る

卯年生まれの男性は、気持ちが冷めてももめるのがイヤなので、返事はわりとマメに返してくれます。しかし、会う時間や場所を決めるような具体的な内容には「仕事が入るかも」とか、不可抗力的なことを隠れミノに断ってくるでしょう。

いつかは会えるはず、と焦らずアポ取りを続けて。

●辰年生まれ…直球ストレートなLINE

そもそもLINEが苦手な辰年生まれの男性。気持ちが冷めてくると、微妙な言葉での表現をさらに考えられなくなり、ダメ出しばかりに。「ダメだ」「やめろ」「バカなのか」と直球ストレートなLINEになります。

ストレートにはストレートな返しで、あなたの気持ちを伝えましょう。

●巳年生まれ…嫌みなLINE

恋人だとしても他人に本心を見せない巳年生まれの男性。それでも多少自分をさらけ出してきた分、冷めた気持ちを相手にぶつけたくなるようで、「そんなことやってるんだ」「暇なんだね」のような嫌みなLINEをしがち。

「そんなこと言わないで」と心の広さを見せましょう。

●午年生まれ…冷めていると申告してくる

開けっぴろげな午年生まれの男性。「ちょっとさ、最近冷めてきてるんだよね」と、自分の気持ちが冷めていることをすぐにLINEでも申告してくる傾向があります。

「じゃ、テンション上げよう! どこに遊びに行く?」とあくまでも前向きな提案をして、関係を盛り上げましょう。

●未年生まれ…ネガティブLINE

自分に自信がすぐなくなる未年生まれの男性。自分の気持ちが冷めると相手も冷めてるんじゃ……と思い、「ぼくの〇〇嫌だよね」「もっと君には合う人がいるよ」とネガティブLINEを送ってきます。

「違うから!」ときっぱり否定して「ちゃんと好き」と言えば、「そうかも」となります。

●申年生まれ…「忙しい」か、スタンプのみ

気持ちが冷めてくると他の女性に気持ちが行きはじめる、移り気な申年生まれの男性。新たな出会いにいそしんでいて「忙しい」か、スタンプのみのLINEが増えます。

申年が褒め言葉に弱いので「仕事できるから忙しいんだね」と持ち上げて気を引きましょう。

●酉年生まれ…「何かあった?」と聞く

冷めることなどないような、納得のいく相手をじっくり選んで恋人にする酉年生まれの男性。それなのに冷めたら、彼女に「何かあった?」と、原因を突き止めようとします。

自分は何も変わっていないことを、時間をかけて説明すれば、気持ちが戻るでしょう。

●戌年生まれ…丁寧語を使う

気持ちが冷めてきても、相手の女性に悪くて冷たい言葉などとてもかけられないのが戌年生まれの男性。でも、甘い言葉も使えないので、ギクシャクした丁寧語を使ってくることが増えるでしょう。

彼は情にもろいので、「もっと一緒にいたい~」と情に訴えるLINEをしてみて。

●亥年生まれ…未読無視

冷めてくると、時間と労力を使うのがめんどうでたまらなくなる亥年生まれの男性。LINEを確認するのもイヤで、未読無視をしているうちに女性の存在を忘れちゃうかも。

手ごたえがないと思ったら、メールでも電話でもガンガンアタックして、思い出させましょう。

●さいごに

なんだか態度が冷たくなってきていると思ってしょんぼりと凹んでいたら、9割フェイドアウトで終わってしまうでしょう。

何もせずに悲しんでいても、事態はまず良くなりません。ここが正念場と思って、アクティブに動きましょう。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)