脈ナシのサイン

デートはしてもなかなか告白されず、時間ばかりが過ぎていく……。

恋愛感情があるのかないのか、はっきりしない彼の態度にやきもきしている人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回は男子の言動から「脈ナシ」サインを探ってみました。

脈ナシのサイン

サイン1:LINEが受け身

女子から連絡が来れば返事を返すなど、男性側が受け身の場合は「脈ナシ」サインかも。

恋愛を本気で考えている相手に対しては、積極的にどんどん手を打つもの。草食男子であっても、好きな相手に対しては意外と積極的です。

少し連絡を控えるなどして、様子を見てみてみるのも良さそうです。

サイン2:デートが短い

好きな人とはできるだけ一緒に過ごしたいと思うものですが、そこまで入れ込んでない相手とは時間に区切りを設けてしまうものかも。

映画を観て解散、ランチをして解散、といったように時短、手短なデートをしがち。

短いデートが続いている場合は、脈ナシの可能性もあるので注意してみてください。

サイン3:自分のことを話さない

興味が持てない相手に対しては、あまり自分のことを話さないものかも。

一方で、恋愛相手として考えている相手には、自分が仕事で頑張ったことをはじめ、いいところを見せようとある程度饒舌になります。

会話の内容があまりにも薄い場合には、逆に質問を重ねて様子を見てみましょう。面倒くさそうにするようであれば脈ナシかも……。

サイン4:待ち合わせ場所が近い

男子は、恋愛無いなと感じ始めると効率性を重視します。デートも自分の最寄り駅から近かったり、他の予定から移動しやすいところに設定していきます。

毎回、男子に都合の良い場所を指定されたならば、恋愛対象としてみられていない可能性が高いと考えましょう。

そんなときは、あなたからあえて遠出のデートを提案してみて、彼が煮え切らない反応を見せることが多くなった場合は、考えたほうがいいかもしれません。

サイン5:本命にはしない行動をする

本命対象に対しては、積極的に口説けない場合の方が多いもの。

下手を打って相手の恋愛対象から外れてしまうことを嫌うためです。

一方、恋愛対象ではない相手には、体目当てで平気で近づいてくる、下心男子もいるので注意したいもの。

おわりに

キープ扱いされている時間ほどもったいないものはありません。

今回のヒントを参考に、今の相手との恋愛成就のために、これ以上時間を割くのかを考えてみてください。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)