気になる彼は年下だけど、年齢の差を気にしてなかなか恋愛に踏み込めない……そんな風に悩む女子は多いと思います。

でも、男子には恋愛対象に“年上女子”が入る、そんな瞬間がいくつものあるのです。

それはいったいどんなときなのか……年下男子を落としたい方は、ぜひ参考にしてください。

年上女子が「恋愛対象」に入る5つの瞬間

瞬間1:気持ちを吐き出しても優しくされたとき

男子の恋愛対象として年上女子が入る瞬間の1つに、気持ちを吐き出し切って、その後に優しくされた時があります。

普段は自分の気持ちを抑えてしまいがちな男子が、年齢の差もあり、つい年上女子に甘えて本音の気持ちをぶつけてしまう。

そんな時でもあたたかく、大きく、おおらかに受け止めてくれる優しさを見せてあげたとき、男子は「恋愛対象」として年上女子を意識するようになります。

瞬間2:涙をみせても受け止めてもらえたとき

男子は滅多なことでは涙は見せません。しかし酔っぱらって感情が高まったり、どうしようもないとき、涙を流します。

「男子は泣かないもの」といった縛りを心に持っていることも多く、女子の前で涙を見せてしまうときはよほどのときでしょう。

そういう時に、狼狽せずに、まずは男子が落ち着くまで、口数は少なくともしっかりと受け止めてくれる、そんな年上女子がいたら、男子は恋愛スイッチがオンになります。

瞬間3:トラブル時に冷静に対処しているとき

グループデートなどで年上女子は有利になることがあります。

何か想定外のトラブルが起こって、若い女子がおろおろしている際、冷静にトラブルに対処する、そんな大人な部分を目の当たりにしたとき、男子は恋愛スイッチが年上女子に対して入ることがあるのです。

逆に、ささいなことでおろおろしたり、怒ったりすると、恋愛対象から一気に外されてしまうので要注意。年上ならではのしっかりした態度を見せましょう。

瞬間4:自分が知らないことを嫌味なく教えてくれるとき

食事中に季節の旬のもののお話しができる、お散歩中に目につく木々やお花の種類に詳しい……など。

知的な男子であればあるほど、こんな知的で博学な年上女子に惹かれます。

そして、嫌味なく自然といろいろなことを聞いても返事として教えてくれる。そんなスマートな年上女子に、男子はどんどんはまっていき、恋に落ちてしまいます。

年下よりも年上に言われたほうが「嫌味なく聞こえる」というメリットがありますので、年上女子はぜひ得意分野を作るようにしておきましょう。

瞬間5:キスが上手なとき

男子は年上女子とのキスに憧れがあるものです。

年下や同年代の女子とは違ったドキドキ感があるし、実際にキスが上手だった場合、年上男子はそのキスの虜になってしまいます。

キスをするということはある程度距離が近くなっている状況ですが、本命になるためにの最後のひと押しになるでしょう。

良い香り、セクシーな口紅など雰囲気もしっかりと作った上で臨めば年上女子にとって大きなチャンスになりますよ。

年上の魅力を活かそう

今回のヒント、いかがでしたでしょうか?

年齢差は変えることはできません。

一方で、今回お伝えしたように年上女子が恋愛対象になる、そんな瞬間がいくつもあります。

今回のヒントをぜひ参考にしてみてくださいね。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)