アブノーマルなH

男性の中には、ちょっとアブノーマルなエッチに憧れを抱いている人が結構います。

一度してみたいけど、彼女にお願いしたらドン引きされるかも……。と思うと、なかなか言い出せないようです。

今回は、ちょっとアブノーマルな嗜好を持つ男性たちの声を聞いてみました。

アブノーマルなH

見られると燃えるタイプ

「実はオレ、人に見られながらエッチしてみたいっていう願望があるんだよね……。前の彼女がそういう趣味の人で、時々女友達連れて来たんだよ。でも3Pじゃなくて『この子は見てるだけだから』って。その子のネットリした視線を感じながらエッチした時、ヤバいくらい興奮して(笑)。でも、今の彼女はマジメな子だから言えなくて。もう一回くらいやってみたいな〜」(25歳/会社員)

「知らない人に見られながらエッチ」に嫌悪感を抱く女性も多いと思いますが、もし彼氏がそういう趣味の人なら、まずは車の中とかで試してみてはいかがでしょうか。

「人が見てるかも」「人が来ちゃうかも」というシチュエーションに興奮できたら、そのうち「他人の視線」自体が快感になるかもしれません。

コスチュームプレイが大好き

「僕、昔からチャイナドレスに憧れてるんですよー。スリット深めで、体にぴったり密着したやつ。彼女にそれ着せたままエッチしてみたいんですよね……。胸元が乱れて、スリットが裂けたりしたらって想像すると興奮するんですよ。誕生日にチャイナドレスをプレゼントしたら引かれますかね、やっぱり(笑)」(31歳/営業)

メイド服やセーラー服など「コスチューム」に興奮する男性は多いですよね。

衣装でエッチを盛り上げるという意味では、分類上はセクシーな勝負下着と同じようなものと捉えれば、女性の抵抗感も多少薄れるのではないでしょうか。

女性側にとって最大のハードルは、「果たして今の自分にセーラー服が着こなせるのか!?」という点ですが……。

Mで責められたい♡

「オレ実は、女性みたいにM字開脚させられて、言葉で責められながらエッチするのが憧れだったんです。ある時、勇気を出して彼女に『言葉で責めてみて』って言ったら、最初は『え〜?』って困惑してました。でも、だんだん『ほら、今何されてるか言ってごらん』とか、責め言葉が充実してきたんです(笑)。そろそろM字開脚もお願いしてみようかな〜って思っています」(29歳/出版社)

受け身のエッチに慣れている女性にとって、急に「責めてほしい」と言われても戸惑いますよね。

でも案外、相手の反応を楽しみながら責める(攻める?)のも、刺激的かもしれませんよ。

たまに「攻守交代」してみると、お互いの意外な顔が見られてエッチが盛り上がるかも。

アブノーマルな提案に乗ってみるのもアリ!?

付き合っている人に「開発」されて、自分でも知らなかった願望に「目覚める」人は案外多いものです。

たとえ彼氏の趣味が「絶対無理!」なシチュエーションであっても、まずは一度だけ試してみてはいかがでしょうか。

エッチのバリエーションが広がるのでマンネリになりにくく、彼氏との関係もきっと深まりますよ♡

(愛カツ編集部)