デート中に彼をイラッとさせる言葉

せっかくの楽しいデート……のはずが、彼の機嫌がなんだか悪い。

最初はふつうに機嫌がよかったのに、デート中に何かあったかな……なんて思うことはありませんか?

その原因のひとつに、女性のなにげない言動がきっかけになっている場合があります。

今回は、デート中無意識に彼をイラっとさせている女性の言葉についてアドバイスします。

デート中に彼をイラッとさせる言葉

「今日ちょっとしんどいの」

寝不足だったり、仕事詰めだったりして、デート当日の体調がイマイチ……ということはよくあることです。

特に、休みの日のデートは仕事の疲れもどっと出るタイミング。

なんだかだるいから、彼に甘えたい、「よしよしがんばったね」って言われたいと思い、「しんどいの」「だるいの」などと言っていないでしょうか。

この言葉は要注意!休みの日のデートといえば、彼も条件は一緒です。彼もしんどくてだるいものなんです。

なのに、彼女ばかりしんどい、だるいと言われたら、彼はあなたにそれを言い出せなくなります。

それに、せっかくのデートで楽しみにしていたのに、しんどいとか、だるいとか言われたら、気分も盛り下がってしまいますよね。

あなたは甘えたいだけだったのかもしれませんが……せっかくのデートなんだから体調ぐらい整えて来いよなっていうのが彼の言い分かもしれません。

「本当はこれ嫌いなんだよね」

デートですから、当然彼もデートプランを考えてきていることでしょう。

でも、映画に行けば、チケットを買ってから「このジャンルってあまり好きじゃないんだよね」、何が食べたい?って聞かれたら、なんでもいいと言いながら、お店に入ってから「イタリアンって嫌いなんだよね」って言ったり。

意外と無意識に本音が口から出てしまっていることってあります。

これは男性にしてみたら、かなりトーンダウンです。

せっかくよかれと思って計画してきたのに、文句ばかり言われるのは面白くないですよね。せめて、店に入る前、チケットを買う前に言うべきです。

こういう言葉を聞いてしまうと、たとえ、映画が面白かったり、食事がおいしかったりしても、「思っていたよりよかった」って言ったとしても、それも本当のこととは受け取られにくいでしょう。

「今日は〇時に別の約束があるの」

これから次に遊びに行こうと思っているのに、「今日〇時に別の約束があるの」「夜ご飯は友達と食べるの」などと言う人いますよね。

今日1日デートを楽しもうと思って彼は予定を立てているのに、これはかなりイラっときます。

あなたがその時間に帰らないとならなければ、彼もあなたに合わせて帰らざるをえなくなりますし、自分の優先度低いのかな……なんて思うこともあるでしょう。

せっかく予定を立てたのに、あなたは予定があるから、それに従ったまでなのかもしれませんが、きっともっと事前に言っておけよというのが彼の言い分なのでしょう。

彼と一緒に楽しみたい!という気持ちを大事に

彼がイラっとしないようにするには、「彼にも楽しくデートを過ごしてほしい」「一緒にラブラブ気分を盛り上げたい」そんな気持ちが女性の方にも必要ですね。

自分のことばかりでなく、彼が楽しめているかもぜひ気にかけてくださいね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)