初対面でドン引きされる女子

飲み会や交流会などで男子と連絡先を交換したのに、ぜんぜん連絡が来ない……そんな残念な女子には共通点があります。

今回は男子が初対面で「これはない」とドン引きしてしまう、残念女子の5つの行動についてお伝えします!

皆さんも当てはまっていないかどうか、チェックしてみくださいね。

初対面でドン引きされる女子

行動1:飲み会に食事・お酒を全力で楽しみに来る

残念な女子は、出会うための飲み会に食事やお酒を楽しみにきます。

モテ女子は、事前にある程度お腹を満たし、「交流」や「いいなと思った男子の印象を良くする」ことを第一に考え行動しているのですが、それとはかなり対照的。

結果残念な女子は、女子同士でメニューを見て盛り上がってしまったり、すきっ腹にお酒を飲んで悪酔いしてしまったり、気に入った男子としっかり会話をする機会を逃してしまったりします。

たくさんの女子がいる飲み会で、そもそも会話が盛り上がらなかったり、挨拶をする程度だけでは男子からは「ないな」と切られてしまうでしょう。

行動2:話を合わせてこない

残念な女子は、相手に話を合わせて膨らませるということをしません。興味がない話題が出ると、適当にあいづちをうったりスルーしたりして、それ以上膨らまそうとしないのです。

初対面は「盛り上がるかどうか」が男子にとってとても重要です。「最初は悪印象で、その後何度か会ううちに好きになった」というケースは、そもそも何度か会えないと成立しません。

せっかくの出会いの場なのに、「共通点が無い」、「話が盛り上がらない」という場合は、男子から速攻で切られてしまうでしょう。

初対面では、男子はある程度話があって、楽しい相手なのかを重視します。

行動3:自己中な振る舞い

会話がある程度盛り上がっているのに、トイレの後、突然席を替えて別の男性と話し始めてしまう。

別の男子に話しかけられたら、すぐにそちらに身を向けて盛り上がる。

残念な女子は、このように男子に「違和感」を持たれるような行動によくでます。

自分の出会いを優先してたくさんの相手に会おうとしたり、つまらない男子に対して態度で表してしまう、そんな自分中心の姿勢が残念な女子は見え隠れしてしまいます。

男子は「初対面で素が出ているんだな……」と考え、そういう女子は容赦なく切ってしまうでしょう。

行動4:ご馳走になったらすぐに帰る

男子がドン引きするよくあるパターンは、飲み会で会計では1円も払わず、終わるとさっさとタクシーで帰る、そんな女子です。

こんな自分勝手な振る舞いをする女子に、男子は「いったい何しに来たんだろう」とかなりネガティブな印象を受けます。

モテ女子は、しっかりとお礼をした後、男子を見送ろうとし、男子から「先に帰って」と心良く見送られる、そんなステップをしっかり踏むのです。

礼節をわきまえない、初対面でこのような印象を持たれると、次はないでしょう。

行動5:露出が多くてスキが多そう

露出が多い女子は、男子からすると「スキ」が多い女子というように映ります。

残念な女子は「連絡先を多くの男子と交換できたら良い結果」だと勘違いしてしまいますが、露出が多い場合、性的な関係が目当てな下心男子からどんどん話しかけられるだけで、恋愛につながるようなケースは実はそれほど多くありません。

男子としては、「そういう下心男子が目当てなのかな」と言うことで引いてしまいます。

モテ女子は、初対面では過度な露出は抑えた上で、会話や笑顔など別な手段で好印象を与えるにはどうしたら良いかしっかりと作戦を練ります。

まずは次につなげるように

いかがでしたでしょうか?

初対面でNGをくらってしまうと、その後初デート含めてチャンス自体がなくなってしまいます。

今回のヒントを参考にまずは次につなげるように男子に初対面で切られないような工夫をしてみてくださいね。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)