結婚はないなと思われる女性

結婚を前提にしたお付き合いがしたいのに、男子側から「結婚はちょっと……」とNG判定をされてしまう。

そんな残念な女子には、いくつか共通点があります。

今回はその中で主要な5つの特徴をヒントとしてお伝えします!

彼との結婚を考えている方や、婚活中の方はぜひ参考にしてくださいね。

結婚はないなと思われる女性

特徴1:意思決定が遅い、できない

男子は恋愛から結婚に進もうとしたときに、「何か有事の際にしっかり意思決定できるのか」を見ています。

男子は理性的な思考をしますので、恋愛と結婚では、結婚の方が様々な意思決定をスピーディーに求められることを理解しているものです。

そんな状況で、相手が何かあるとテンパって意思決定を先送りにしてしまうような、頼りない女子なのかをしっかりと見極めようとしています。

デート場所や、レストランなど含めていつも男子にまかせっきり、しかも計画外のことがあると大騒ぎする……そういう残念な女子は、男子から「結婚はないな」と思われてしまうのです。

特徴2:約束を守れない

デートをドタキャンしたり、「次回持ってくるね」といったものを忘れてしまったり、約束を守れない残念女子は男子から「結婚はないな」と感じられてしまいがち。

男子は意外と細かいこともすべて覚えているものです。

デートの中で交わした小さな約束事もしっかり見ていますので、結婚を意識している場合は、小さなことでもしっかり積み上げて守っていくことが大切です。

デートに毎度数分遅刻してくるのも、「約束の時間を守れない」と男子に判断されますので注意しましょう。

特徴3:ペースを合わせる気がない

男子は結婚を意識するとペースが合うのかどうかをチェックし始めます。

例えば、温泉に入る長さ、食事のペース、お酒が入った時の楽しむペース、旅行のペースなどなど。

もちろん、完全に一致するということは滅多にありませんが、残念な女子はそもそもペースを合わせようという意識が希薄なことが非常に多いです。

自分のペースに合う男子を探す、もしくは男子側が合わせるべき、そういう姿勢になってしまっています。

結婚は歩み寄りが非常に大切になりますので、男子はそういうところも見ているのです。

特徴4:食べ物の好みが合わない

結婚すると、食を共にする機会が一気に増えますよね。恋愛のようにデートで食事をするのとはわけが違います。

男子は結婚を意識すると、今まで以上に食べ物の好みを意識するようになるのです。

残念な女子は嫌いなものは一切嫌い!ダイエットしてるから◯◯は絶対食べない!などというところを貫き、そうなると、男子は好みが合わないからということで徐々に気持ちが離れていくでしょう。

アレルギーやどうしても食べられないものは恋愛期間中にお互い分かってきますので、結婚を意識するのであれば、食の好みも徐々に共通のものを多くしていく努力をしていくと良いですよ。

特徴5:夜の相性が合わない

恋愛期間が長くなると身体の相性もある程度分かってきます。

男子は結婚を考え出すと子作りを意識してきます。また、長い夫婦生活において身体の相性は無視できないものとして、特に男子は捉えます。

残念な女子は、男子のこういった希望になかなか気づきません。

夜の相性をより合わせるためにどうしたら良いか、一緒に考えていける。男子はそんなパートナーを優先するでしょう。

夫婦生活では昼間に目が行きがちですが、結婚を意識する男子との間では夜のこともしっかり考えていきましょう。

歩み寄る姿勢があるかどうか

他人同士なのですから、違う面があるのは当たり前。それでも相手に歩み寄る姿勢があるかどうか、努力する姿勢があるのかどうか……といったところを男子は見ています。

結婚を意識している女子は、ぜひ今回のヒントを参考に、恋愛中であっても、結婚相手としてNG判定を男子からもらわないように行動してみてくださいね。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)