結婚に至らない理由

一番好きな人とは結婚できないといった話を聞いたことはありませんか?

もし、それが本当ならば、一体どんな理由があるのでしょうか。

実際に一番好きな人とは結婚できなかった理由を、既婚者に聞いてみました。

結婚に至らない理由

1:告白できなかった

「ありきたりな話ですけど、自分が今までで一番好きだと思った人には結局告白できませんでした。今までであんなに人を好きになったことはないでしょう。だからこそ、フラれるのが怖かったんです」(Tさん・32歳女性)

学生のころは好きな人ができると自分から告白したという人もいるでしょう。

しかし、社会人になり、ある程度の年齢になると告白してくるのを待ってしまう癖がついてしまいます。

自分から行動を起こさなければ手に入らないものもあります。一生の後悔として心の中に残る前にほんの少しの勇気を出してみてください。

2:素の自分を出せなかった

「一番好きな人だったからこそ、嫌われたくなくて素の自分を出せませんでした。相手に合わせるばかりで、しっかりとした信頼関係を築くことができなかったんです。自分が我慢すればするほど自分の思いは報われるって勘違いしていました」(Kさん・33歳女性)

相手に尽くせば、その分相手も自分の思いに応えてくれるはずと期待してしまうもの。

また、応えてくれないと裏切られたという気持ちになり喧嘩に発展してしまうこともあります。

素の自分で付き合うことが何よりも大切なことなのかもしれません。

3:別れた後に気がついた

「私の場合は別れてから気がつきましたね。新しい彼氏ができる度に、“何かが違う”って感じていて、その原因が“あの人と比べてたからだ”って気がついたんです。付き合っている時はそんなこと考えもしなかったんですよ」(Tさん・34歳女性)

付き合っている時はそれほど意識しなくても、別れてからその大切さに気がつくというのはありがち。

しかし、失ってから気がついても手遅れということも多いもの。

一つの恋愛を大切にして、悔いのないようにベストをつくして付き合っていくしかないのかも。

4:他人の意見に従ってしまった

「自分にとって何が大切かってことを分かってなかったんですよね。親や友人は“結婚するんだったら経済力のある人を選んだ方がいい”って。だから散々迷いましたけど、別の人を選びました。でも、今は“あの人と結婚していたらどうなっていたんだろう”って考えてしまいます」(Iさん・35歳女性)

自分が何に幸せを感じるかを知っておくというのは大切なことです。

お金に安心感を覚える人は経済力を重視するとか、外見が大切ならば容姿を、優しさならば性格で男性を選ぶと失敗が少ないのかも。

恋愛は相手を知ることだけではなく、自分を知る方法でもあります。

まとめ

今回は、一番好きな人とは結ばれない理由をご紹介しましたが、世の中には一番好きな人と結ばれている女性もいます。

その人たちに「結婚して後悔したことはありますか?」と質問したところ、「ない」と力強い答えが返ってきました。

できればそうありたいものですよね。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)