モテない服装

男性が、何を見て女子の年齢をジャッジしているのかは、気になるポイントですよね。

肌やファッションなど、ざっくりした雰囲気で判断している男性も多いのですが、

中には、年齢を知っていても「オバサンだな」と感じてしまう女子のファッションがあるようです。

たとえ自分と同期でも、年下でも「なんかオバサンっぽいな」と感じさせてしまう着こなしとは?

モテない服装

上下ビッグシルエット

「ワイドパンツにロングカーデみたいな、上下ビッグシルエットの服っておばさんっぽく見えます。ボディラインが全部隠れて、ズドーンとしたシルエットに見えるし、ズルズルとだらしない印象。男はオフィスではだらしない恰好はできないから、女の人がそういうスタイルをしてると、余計に気になるんだよね」(32歳・男性)

流行っていてしかもラクチン。オフィスでも、上下ビッグシルエットでまとめてしまう人も多いのでは?

このスタイルは、「アラサー・アラフォーの体型カバー術」としてもなじみのあるスタイルのため、おしゃれというより「隠してる」と思われがち。

ハイウエストで、きちんとベルトマークしたワイドパンツよりも、たとえウエストゴムでもスカートのほうがなぜか男性からはきちんと見えるよう。

ゴムで結んだだけの髪

「女子の一つ結びは好きだけど、本当にただ黒いゴムで結んだだけ!って感じだと『もうちょっとちゃんとしようよ』と思いますね。
ピッタリまとめすぎてたり、変なおくれ毛が出ているのも、薄幸そう。生活感がありすぎて、女子って言うよりオバサンに見えるね」(24歳・男性)

男性には女子のヘアスタイルのディテールなんてわからないのでは?と思いきや、「オシャレ一つ結び」と「ただ結んだだけ」の区別はしっかりつくようです。

ただの一つ結びでも「後頭部をふんわりさせる」「髪を結び目に巻き付けて隠す」だけで十分、男性の目にはオシャレ見えするようです。

ヘアアクセがあればいいの?と思いきや「ひらひらしたシュシュは今更感がある」「バブルっぽくない(笑)?」いう声も。

シンプルかつ、ちょっと手をかけているのがわかるくらいが程よい塩梅です。

生活感ありすぎのカーデ、ひざ掛け

「女子がカーデやひざ掛けで防寒するのはいいと思うよ。でも、ずーっと同じ置きカーデやひざ掛けしてる子たまにいるよね?いつもその子が帰った後は、デスクにカーデとひざ掛けが置かれていて、持って帰ったのを見たことがない。私服は結構オシャレでも、そのカーデとひざ掛けがあると一気におばさんっぽい」(28歳・男性)

ファッションには気を使ってそうなのに、オフィスの置きカーデやひざ掛けはなぜかずっと同じもの、という目撃証言をよく聞きます。

男性からは「だらしない」と不評です。「洋服まで置きっぱなしなんてオフィスの主っぽい」「図々しそう」という意味でも不評。

上半身のイメージが強いデスクワークは、いつも同じ置きカーデを羽織っていると「毎日同じ服の人」というイメージにもつながりやすいのもデメリットです。

スーツを着ている男性の目は厳しい

女子はオフィスカジュアルでも男性はスーツというように、オフィスでは男性のドレスコードのほうが厳しいこともよくあります。

それだけに、手抜き感のあるファッションは「身なりにかまわない」「オバサン」という印象につながりやすいよう。

できるだけ、きちんと感を意識してみましょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)