一緒にいる時間が長くなればなるほど、どうしても飽きやマンネリが生まれやすくもなります。

そうならないようにするためにも、「飽きられない努力」をするのも大切なことでしょう。

そこで今回は、いつまでも「飽きられない女子」のテクニックを紹介します。

「ずっと同じ」ではいない

やはりいつもずっと同じままでいたら、どうしても飽きは生じてしまうもの。
ずっと同じ髪型、同じメイク、同じファッションでいたら、男性もドキドキしたりはできなくなるはずです。

特に女性は見た目に変化を持たせることで、大きくイメージチェンジができたりもするので、男性も新鮮さや刺激を強く感じることでしょう。
また、外見だけではなく、趣味や行動範囲などにも多少の変化を見せるようにすると、男性も一緒にいて飽きないので色んなものに興味を持つことも大切ですよ。

早めに「切り上げる」

あえてデートを早めに切り上げるというのは、飽きられないようにするためには効果的な方法です。
好きな男性とは、「いつまでも一緒にいたい」とか「毎日会いたい」といった思いにどうしてもなりがちですが、それこそが飽きられる一番の原因。

「もっと一緒にいたい」という思いはあるものの、思いきってデートを終えることで、「早くまた会いたい」という気持ちがお互いにより強くなるのです。
ダラダラと長時間を過ごすよりも、たまにはスパッと切り上げて緊張感を与えた方が、ふたりの愛情度をより深めていくことができるでしょう。

ときには「振り回す」

ワガママを言ったり、自分勝手に振り回すような女性は、もちろん男性からは煙たがられます。
とはいえ、男性に対して従順になりすぎてしまうと、「一緒にいてもつまらない女性」という認識になるだけ。

ときにはあなたが主導権を握り、デートの提案をしてみたり、自分の趣味に付き合わせてみたりして、上手に男性を振り回すと、意外といい刺激になるもの。
自分勝手になりすぎず、相手への思いやりも忘れないという点に注意すれば、嫌なワガママや振り回しにはならないので、男性も気分を悪くしたりはしないでしょう。

「彼氏が一番」になりすぎない

付き合っていれば、「彼氏が一番」になるのは当然のことかもしれません。
でも、常に優先順位の一番が彼氏になってしまうと、さすがに彼氏も息苦しさを感じずにはいられなくなるもの。

「彼氏も大好きだけど、彼氏以外にも大切なものややりたいこともある」という彼女の方が、彼氏も魅力的に感じるし、ドキドキだってできるでしょう。
彼氏が一番になりすぎて、「この人がいなくなったら生きていけない」なんて思いにまでなると、それはもはや依存に近くなり、彼氏も逃げ出したくなるはずなので気をつけてくださいね。

おわりに

適度な「刺激」は、恋愛にとってはとても大事なスパイスになります。なんとなくマンネリを感じているのであれば、いつもとは違った体験をふたりでしてみると、お互いの違った顔が見られたりもするものですよ。(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)