愛され女性になるために、「しなきゃいけないこと」と同じくらい意識しなければいけないことが「してはいけないこと」。

今回は、愛され女性に「男性には絶対にしない!」ということを3つ、聞いてみました。普段の行動を振り返ってみて、自分はついついやっちゃってないか……チェックしてみてくださいね。

しつこく聞く

「彼と会えなかったときに『どこに行ってたの?』『何してたの?』『誰といたの?』なんて細かく聞くのはタブー。いつだってお互い自由なプライベートタイムを設けるべき。彼のことを信頼していたら、一緒にいないときに何をしていたかなんて気にならないはず」(24歳/会社受付)

男性が最も嫌うことのひとつ、それが束縛。いちいち誰とどこに行ってたか、何をしてたかなんてめんどくさくて言ってられません。

「そんなに俺のことが信用できないの?」と最後にはうんざりしちゃうのがオチ。愛され女性は彼のことを信頼しているので、いちいち彼の行動をチェックしたりしません。

ネガティブ発言をしない

「一緒に居て楽しいと思ってもらいたいし、彼を癒してあげたい。だから、愚痴や文句は絶対に言いません。常にポジティブでいること。それを意識しています」(25歳/美容師)

愛され女性の周りには常に心地よい空気が流れ、ついつい男性はその空気に引き寄せられてしまいます。なぜそんなにも一緒に居て心地よいのか?それは、決してネガティブな発言をしないから。

前向きでハッピーになるような言葉を発してくれる彼女とずっと一緒にいたい……そう思ってしまうのです。

不機嫌にならない

「常に笑顔でいること。シンプルだけどそれが一番ですよね。ムスッとしてる人と一緒にいたい、なんて誰も思わないもの。ワケも言わずに不機嫌になるのは相手に失礼だし、絶対してはいけないと思う」(27歳/公務員)

思い通りにならなかったり、イヤなことがあったりしたときに、黙ってムスッとする……。これ、一番男性が嫌がること。もちろん、愛され女子はそんなことしません。

何か不満があったときは、「こうしてほしいけど、いいかな?」とシンプルに伝え、引きずりません。常にフラットな気持ちでいること。これが大切です。

「してはいけないこと」も意識して

ついつい「しなければいけないこと」にばかり意識を向けがちだけど、実は、「してはいけないこと」の方が大切なのかもしれません。

相手を癒してあげたい、心地よくしてあげたい、と思ったらおのずと、タブーの行動は見えてくるはず。さぁ、「これだけはダメ」という行動をしっかりと意識して、もっともっと愛される女性になりましょうね。

(愛カツ編集部)