脈なしLINE

好きな人ができた!LINEも交換した!いよいよ交際にも発展か…と思っていたら、なかなか交際には発展しない。

それどころか、LINEのメッセージも私ばかりが出していて、彼はたまに戻ってくる程度。

私のこと、気になっていないの?それともシャイなだけ?そんな彼は脈なしかもしれません。

脈なしLINE

脈なしLINEの特徴はどんなものなのでしょうか?具体的にアドバイスします。

ほっといたらLINEが1か月こない

脈なしの彼は積極的にあなたに連絡をしようとしません。

何度かLINEを送ったら、何回かに1度戻ってくるというとき『もしかしたら脈あり…?』と期待したくなってしまいますが、ほとんどの場合は残念ながら社交辞令での返信です。

本心は積極的にあなたと交流したいとは思わないけれど、大人として気を遣っている、もしくは、スムーズな人間関係のために機械的に送っているだけです。

このままあなたがLINEをしないままほっといたら、たぶん1か月は確実に連絡が来ないだろうなと思えるなら、これはかなり脈なしと見ていいでしょう。

スタンプばかり

とりあえず何らかの形でメッセージはしてくれてるんだけど、スタンプばかりで彼の真意がまったくわからないというときも、かなり脈なしと見ていいでしょう。

女性がたくさん言葉を重ねてメッセージを送ってくれば、好意のある女性には男性もちゃんと返事をしないと、と思うものです。

ですが、スタンプばかり送っているのは『とりあえず何か送っておかないと』って思っているからです。

残念ながらあなたのメッセージは返事するだけ面倒でウザいと思っているでしょうし、だから真摯に向き合おうとしないのです。

脈なしLINEスタンプ

スタンプばかり戻ってくるのは、特に言うことがないということの証です。

彼からLINEを送ってくることがない

いつもLINEのメッセージはあなたからで、話題を提供するのも、質問するのもいつもあなた、『彼からは何も最初に送られてきたことがない』というときも、脈なしの可能性は高いでしょう。

コミュニケーションはお互いが交互に行うものです。いつもいつもあなたの方からというのはおかしいですよね。

一方通行のコミュニケーションはいつか片方だけが息切れして、続けられなくなってしまいます。

ですが、彼があなたとの関係がこのまま途切れてしまっても構わないと思っているのなら、いちいち彼からアクションを起こすことはないでしょうね。

まとめ

脈なしLINEはそっけないのであなたもうすうす気づいているかもしれませんね。

もしかしたらと追いかけるよりも次の恋を見つけたほうが得策です。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)