惚れっぽい女がモテる

一説によると、モテる女というのは可愛い女、色っぽい女とは限らず、「惚れっぽい女」がモテているのだとか。

あなたの周りにも、一見ごく普通なのに、男性をサクサク落としちゃう女子がいるのでは?

それ、「惚れっぽい女」かもしれません。

彼女たちが男性を惹きつける理由を探ってみました。

惚れっぽい女がモテる

減点しないから

「最初はイイと思ったんだけど、デートしているうちに気になるところが出てきて、好きになるに至らなかった」

なかなか彼氏ができない女子がよく言うセリフです。

変な男、遊びの男を避けるため、厳しくジャッジしよう!と思う気持ちはよくわかります。

が、冷静でいようとしすぎて、自分の恋心に水をぶっかけている可能性も否定できません。

減点方式で見ることで、男性も「品定めされてるなあ」という気配をビシビシ感じるでしょう。これでは、恋が生まれるどころではありません。

一方、なぜかモテる女は、基本的に男性に対して好意的。

多少のアクシデントがあっても「いいかも」の気持ちをキープしたまま、デートを楽しむことができます。

男性も、変に緊張する必要がなく「この子といると楽しいな」と感じやすいので、お互いの好意が盛り上がり、恋が生まれやすいのです。

好かれるのを待たないから

「脈アリっぽく見えるけど、違ったら私がばかみたいじゃない?」と、相手の好意を値踏みする慎重さも、縁遠くなる理由です。

彼氏ができにくい女子は、男性のほのかな好意をキャッチしても、「さらに押してくれるの待ち」であることがほとんど。

相手の気持ちが確信できなければ動かないし、男性がそれ以上に押してきてくれない場合は「本気じゃなかったんだ」とすっぱり切り捨てがちです。

でも、男性だって自信満々な人ばかりではありません。

好きだからこそ、脈もないのにガンガン押せないこともあるはず。というか、思いやりのある男性ほどそうかもしれません。

なぜかモテる女は、恋愛感情を出してきた相手には、すかさず「相手と同じか、やや少なく」好意をチラ見せします。

これが呼び水になって、男性は「好きになっても大丈夫かも」「もっと押してみよう」と積極的になれます。

好かれるの待ちの姿勢より、恋に発展しやすいのです。

頭で考えすぎないから

彼氏ができにくい女子は、行動しない、デートしない。頭で考えがちなのが特徴です。

人の心はシミュレーション通りには行きません。「私が彼にこう言えば、きっと彼はこう言うだろうな」。

そんな予想はだいたい裏切られますし、最初は意識していなかった人も、デートしてみたら意外にいい!なんてことも。

予想ばかりでは恋は進みません。

なぜかモテる女は、思ったことを伝えたり、そこまでタイプじゃない男性でも、デートしてみることに積極的。

そうしてみたらイマイチなこともありますが、その時はその時、と考えているようです。

どちらかが動かない限り進展しないのが恋愛。

頭で考えすぎず、思いのままに行動することで、彼女たちが恋をものにする機会が増えているのかもしれません。

全身で「好きになっていいよ♡」をアピってる

惚れっぽい女がモテる理由は「水心あれば魚心あり」ということのよう。

楽しんでくれていそう、好きになっても大丈夫そう、実際にコミュニケーションが取れる……。

こんな雰囲気が、男性に伝わることで、彼らの気分も恋愛モードにさせているのかも?

「この子を好きになっても恥はかかなそう」。そう思わせるの、大事です!

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)