結婚の決め手

そろそろ結婚してもいいタイミングなのに、彼からプロポーズの言葉がなかなか出てこない…。

「結婚したい」という決め手が私にないから?と悩む女性もいることでしょう。

そこで今回は、男性が結婚を決めた理由について探ってみました。

結婚の決め手

変わらない笑顔

「仕事で嫌なことがあっても、彼女の笑顔ひとつで忘れられます。僕はこの笑顔がないと生きていけないんだ!と思っています。そんな笑顔を結婚してからも見ていたい。笑顔を守りたい。それが結婚の決め手になりました」(25歳 商社勤務)

どんな時も笑顔でいてくれる彼女は男性にとってオアシスです。

仕事に疲れて帰宅した時に最高の安らぎを与えてくれると思ったら、それは結婚を決めますね。

辛いこと、悲しいことはあって当然ですが、それでも心を強く持って笑顔になれる女性ならば、安心して家庭を任せられるというもの。

変わらない笑顔でいてくれるのは、結婚生活でも家庭円満の強みになりますよ。

料理上手

「いつも美味しい料理を作ってくれる彼女。ある時、僕の実家の郷土料理を作ってくれました。ときどき僕が故郷の味を懐かしんでいたからだと言っていましたが、嬉しかったな~。今度いっしょに実家に行って、母の味を教えてもらうことになりました。もちろん結婚の報告です」(29歳 銀行員)

やはりいつの時代にも「胃袋を掴む」のは揺るぎない強みになるのですね。

でも、家庭料理を作れるくらいは今や常識かもしれません。

それ以上に、彼の喜ぶ顔が見たいとか、料理で彼を支えたいという想いが伝わると、男性も結婚を決めるのではないでしょうか。

彼の趣味を許せる心の広さ

「趣味はゲーム。休日は1日中していても飽きません。オタクかも…。結婚したらゲーム三昧ってわけにはいかないよな…と思っていたら、「私も趣味の日にするから大丈夫♪」と言ってくれたので安心して結婚を決めました」(32歳 プログラマー)

いろいろな趣味がありますが、お金や時間の兼ね合いで結婚後も続けられる人は一握り。

好きなことができなくなるという理由から、結婚を躊躇したり、ひとりが気楽……。となるわけです。

つまり、彼の趣味を許せる心の広い女性なら結婚できるとも言えます。

常識的なレベルで許容範囲の趣味なら、彼のストレス解消にもなるはず。彼が趣味に勤しむ時間は、彼女も同様に趣味や自分磨き楽しむのがオススメです。

「ありがとう」が素直に言える

「皿洗いをした時、重い荷物を持った時、すかさず『ありがとう』と言ってくれる彼女。自分的には当たり前のことをしてるだけだし、もう付き合って何年も経ってるのに、なぁなぁにしないで忘れずに言ってくれる。だからこっちも感謝の気持ちを忘れないようにしようって思える。こんな素晴らしい彼女と結婚しないわけがない」(28歳 営業)

結婚は共同作業。素直に「ありがとう」と言ってくれる相手じゃないと、結婚生活はギクシャクするし、心のモヤモヤが大きくなって辛くなります。

長く付き合えば付き合うほど、マンネリ化や恥ずかしさから、「ありがとう」が言いにくくなるもの。

気持ちは口に出して伝えないとちゃんと伝わらないにも関わらず…。いつまでも「ありがとう」が素直に言えて、感謝の気持ちを忘れない女性が選ばれるのは当然なのでしょう。

まとめ

なかなか結婚に踏み切れない理由は多々あれど、決める人は意外にあっけなく決めるのが結婚です。

もし、自分には何が足りていないのだろうと悩むならば、今回ご紹介した4つを試してみてください。

結婚だけじゃなくて、生きていく上でも役に立つので、身に付けて損はありませんよ。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)