男子がデート前後にもらうと嬉しいLINE

デート後のLINEは「早めに送った方が良い」派と、「忘れた頃に送って思い出させた方が良い派」が存在し、微妙な疑問が飛び交っていますよね。

連絡するのはさよならした後、家に到着した時がベストという意見と、ちょっと落ち着いてからがベストという意見がぶつかり合っていて、いったいどうすればいいのやら……。

そこで今回は、本当に男性が女子から送られて喜ぶ「デート後のLINE」の正解についてお伝えしていきます。

早速、チェックしていきましょう!

男子がデート前後にもらうと嬉しいLINE

そもそも「女子から来たLINE」ってどう思う?

女子からは送らずに男性からのLINEを待つ方が良いという方もいますが、男性陣に意見を聞くとむしろ「女子から送ってきてくれることが嬉しい」「好かれていると感じる」という意見が多く聞かれました。

「デート後ありがとうという連絡をくれた。社交辞令かもしれないけど、ちゃんと連絡をしてくれて嬉しい!

そもそもいつもこちらからのLINEで受け身ばかりの女子より、しっかり自分からアクションを起こしてくれる女子がイイ。だから女子からのLINEは素直に喜んじゃいます」(30代男性・臨床工学技士)

「帰りはお互い別々の場所に住んでいるので、無事に帰ったのか心配になるから連絡をもらえるとありがたい」(30代男性・ルート営業)

連絡をもらえるのが当たり前という訳ではないことをわかったうえで、男性陣は女子からLINEが送られてくると安心し、喜ぶということがわかります。

夜道は危険ですし、帰ったらちゃんと連絡を入れてくれるというのも将来を想像する上で大事な要素かもしれませんね。

彼を喜ばせるLINE、それは受け身ではなく自分から送るLINEということがわかりました。

デートの待ち合わせ前の確認LINEにキュン♡

連絡は当日、待ち合わせ時刻の前に確認のように送るのがオススメ!きちんとデートを楽しみにしていたということが伝わります。

何も連絡が来なければ「約束忘れてしまったのかな?」と相手を落ち込ませたり悩ませてしまいますから、デートを楽しみにしていると伝えることで好意をやんわり伝え彼を喜ばせましょう。

「ちょうど送ろうとしていた時に相手から連絡が来た。ちょっとしたことだけど照れる」(20代男性・販売員)

当日、確認メールを送るというのは「わたしはデートを楽しみにしてます」と好意があるということを読み取ってもらえるアクションだといえますね。

デート後に「また一緒に……」が嬉しい!

LINEのタイミングなどは話しましたが、どういう内容が嬉しいか……ということも押さえておきましょう。

デートが楽しかったかどうかという点では、楽しくなかったデートにはなにもコメントをしないに決まっています。だからこそ、「また一緒に出掛けたい」という気持ちを伝えるのがベスト!

例文としては

「お疲れ様です!今日は一緒に遊んでくれてありがとうございました。1日があまりにも早すぎてとても楽しかったです!今度は〇〇クンのおすすめのお店に行ってみたいです」

こんな内容だと、今回のデートが大成功だったことと、また今度は違ったところに一緒に行きたいという気持ちを伝えることができます。

さらに、

「今日付き合ってくれて本当にありがとう!また一緒に遊びに行きたいな」

といった表現だと、一緒に楽しいことがしたいという気持ちが伝わります。食事に行きたいのか、遊びに行きたいのかということが伝わりますよね。

・お礼を言っていること
・一緒にいる時間が早かった、楽しかった
・彼の名前を呼んでいる
・ストレートに褒める
・次のデートの約束をさりげなく取り付けている

という部分が重要なポイントです。

メール内容はシンプルで十分!長文を好む女子も多いのですが、デート後は男女共に疲れているため、シンプルな文章にしましょう。

疲れている時にあれやこれやと送られてしまうと、せっかく良い内容を送ってくれているのに幻滅されてしまう恐れがありますからね。

デート前後のLINEで彼を喜ばせよう!

誰だって、自分とのデートを楽しみにしている・楽しかったと伝えられるは嬉しいもの。

今気になっている相手にも、付き合っている彼氏にも、デートの前後にぜひこんなLINEを送って喜ばせてみてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)