社内恋愛のNG行動

「社内恋愛」は職場もプライベートも一緒なので楽しい恋愛かもしれません。

しかし、四六時中一緒だからこそ難しい部分も……。現実をみながら付き合うことも大切です。

そこで今回は、破局につながりかねない「社内恋愛」のNG行動を紹介します。

社内恋愛のNG行動

同僚の女性に「嫉妬する」

彼氏が同僚女性と楽しそうに話しているのを目にしたら、ちょっとヤキモチを焼いてしまうもの。

でも、毎日のように顔を合わせているのに、彼が同僚女性と仲良くする度に嫉妬して不機嫌になっていたら、間違いなく鬱陶しく思われるでしょう。

本当にあやしい関係であるなら、怒ったり問い詰めたりすることもあるかもしれませんが、仕事上の必要なコミュニケーションについて疑うのは絶対にNG。

信用も失い、仕事の邪魔になる可能性もあるので、付き合うこと自体も難しくなっていってしまいますよ。

職場で「恋愛事情」を詳しく話す

そもそも男性は、自分の恋愛事情や恋人と過ごしているときの姿などを、彼女にペラペラと話されることを嫌います。

しかも、職場の人たちにそんなことを暴露されたら恥ずかしさも倍増。彼女に対する怒りも湧き起こってくるはず。

社内恋愛をしていたら、同僚たちからは色々と聞かれたりもするでしょうが、ふたりのプライベートな部分を話しすぎてしまうと、信頼関係を崩壊させることにもなりかねません。

彼氏の甘える姿や情けない姿、悪口や愚痴まで公言するのはNGです。プライドを激しく傷つける裏切り行為とも言えます。

常に「近くにいようとする」

大好きな彼氏が職場も一緒だったら、できるだけ近くにいたいという思いが強くなる気持ちもわかります。

でも、それを実行してしまうと、さすがにちょっと重いですし、仕事に支障をきたします。

社内恋愛をする以上、職場とプライベートをしっかりと切り分けるというのが最も注意しなければいけないポイント。

休憩やランチ、仕事終わりの飲みも、状況をみながら適度な距離を保ちましょう。

同僚に「探りを入れる」

社内恋愛をしていると、彼氏のちょっとしたあやしい動きに気づいたりしやすいもの。

その際に、同僚の社員にそれとなく探りを入れようとするのはNGです。

スパイを送り込むようなことをされたら、かなりショックですし、そもそもふたりの恋愛事情に同僚を巻き込むことにも嫌悪感を抱くはず。

どうしても気になることがあるならば、直接聞いた方が誤解も生まずに済みますし、ふたりの絆だってより深まりますよ。

おわりに

仕事とプライベートの部分はきっちりと切り離さないと、社内恋愛はすぐに崩壊してしまいます。

公私混同すると、お互いに鬱陶しく感じるので、線引きだけはしっかりとしておきましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)