マンネリカップル

気持ちが冷めてきているカップルは、今までとは違った行動も増えてくるものです。

早めにそのことに気づいて修復を図らないと、そのまま別れへと向かっていってしまうだけでしょう。

そこで今回は、「別れ」が近づいているカップルの特徴を紹介します。

マンネリカップル

「事後報告」が増える

カップルであれば、お互いのスケジュールもある程度は把握していたり、大事なことは伝えたりするでしょう。

でも、気持ちが冷めてくると、そういったことを共有すること自体も面倒になるもの。

スケジュールを全く知らせないようになったり、何があったのかの事後報告が多くなってきたのなら危険度が高いかも。

コミュニケーションが不足している状態とも言えるので、まずは日々の会話を増やしていくことが一番の改善策です。

デートに「変化がない」

デートがワンパターン化するというのも、別れが近づいているカップルの特徴のひとつ。

ただ惰性で会うだけだと、「デートを楽しもう」という気持ちがお互いに持てなくなるはず。

新しいデートコースを探してみたり、相手の行ってみたいところに出かけたりするなど、少しずつでも変化をつけるようにすると良いでしょう。

「自分の予定」を最優先する

恋人との予定よりも、常に自分の予定を最優先するようになったら、気持ちが冷めてきている証拠かも。

恋人と過ごすことに楽しさが感じられず、「一緒にいたい」という思いも薄れてきているのでしょう。

ただ、付き合っていても、いつも一緒にいるのではなく「ひとりの時間」を持つこともとても大事なので、それを我慢したり奪い取るようなことはするべきではありません。

「会えない時間」を持つことで、「会いたい」という気持ちが少しでも芽生えるかどうかが重要なポイント。

それが全くなくなったときこそ本当の終わりのときかもしれません。

「ケンカ」にもならない

会う度にケンカが絶えないようなカップルよりも、もはやケンカにすらならないカップルの方が危険度は高い傾向に。

「好き」の反対は「無関心」であるので、何をされても興味や関心を持てなくなったら、関係性を修復するのは困難かも。

不満は溜め込みすぎるとどうでもよくなるので、ちゃんと小出しに吐き出して話し合うようにしないと、別れに一直線になってしまいますよ。

おわりに

長く付き合っていれば、気持ちが冷めたり嫌気がさしてしまったりする時期もあります。

大事なのはそれを放置せずに、改善しようと努力すること。

ふたりの思いが冷め切る前に、行動を起こすことが大切ですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)