ヒモ男を引き寄せる女

自分ではなぜだかわからないけれど、ヒモ体質の男に好かれることが多いという女性。

そういった女性は、ヒモ男が居心地のいい状況を自然と作り上げてしまっているのでしょう。

「自分は大丈夫!」と思っていても、ヒモ男に好かれる要素を持っている可能性も。

そこで今回は、「ヒモ体質の男」を引き寄せちゃう女子の特徴を紹介します。

ヒモ男を引き寄せる女

「少額なら」と思ってしまう

「100万円貸してよ」と言われたらさすがに断るでしょうが、「1000円貸してよ」と言われた際には「それくらいなら別にいいかな」と感じる。

これはヒモ体質の男を引き寄せてしまいやすい女性の考え方の典型とも言えます。

重要なのは金額の大小の問題ではなく、『簡単にお金を貸してあげるかどうか』ということ。

たとえ少額であっても、一度貸してしまうと「お金を貸してくれる人」という認識になるので、ちょこちょこと何度も借りようとしてきたりすることにもなりかねないですよ。

「リードしたい」という気持ちが強い

男性に引っ張られるよりも、自分が引っ張っていく方が好きだという女性は、気がつくとヒモ男を養うようなことにもなりがち。

逆に、ヒモ体質の男は女性に引っ張っていってもらいたいという気持ちが強いので、「リードしたい」という考えの女性はピッタリの相手なのでしょう。

リードをするにしても、男性を一切頼りにせずに、全てを自分だけで決めてしまうようなやり方はあまりよくないかも。

それでは男性の自尊心がどんどん薄れていくと同時に、あなたへの依存度が強くなっていくので、ヒモ度合いも次第に高まっていくことになりますよ。

「私がいなきゃ」と思い込む

男性に対して、「この人には私がいなきゃダメなの」と強く思い込んでしまうのは、最も危険だと言える考え方。

世話好きだったり、母性本能が強い女性は、特にこういった状態に陥りやすいので、変にのめり込みすぎないように注意が必要です。

世話を焼いて何でもやってあげてしまうのは、ヒモ体質の男をどんどんと図に乗らせることになるだけ。

尽くすことは愛情のひとつではあるでしょうが、それが全てになってしまうと、ヒモ男だけではなくあなた自身もその状況から抜け出せなくなってしまいますよ。

「ヒモ男」を作り出している

ヒモ男を引き寄せてしまう女性は、実は自分がヒモ男を作り出しているというケースも多いです。

「お金はなくても愛さえあれば」と思っていても、それを前面に押し出すのはやや危険性も秘めているかも。

「お金は私が稼げばいい」とか「お金は持っている方が出せばいい」なんて男性の前で言ってしまうと、それに甘えるようになっていくことだってあるでしょう。

あまり責任感が強くなかったり、自分が引っ張っていこうというタイプではない男性の前では、特にこういった甘やかしは禁物ですよ。

おわりに

お金をバンバン貢いだりしていなくても、少しずつヒモ男を育てあげてしまっているケースもあったりします。

男性のためを思って行動をするのはいいことですが、何から何までやってあげてしまうのはいい方向へは向かっていきませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)