モテるアラサー女性

時間は平等なものですから、誰だって年齢を重ねます。

若いときは無条件に許されていたことが、アラサーになると許されなくなってくることも……。

でも、アラサーが若い子より、魅力がないというわけではありません!

今回は、魅力的なアラサーになるために、気を付けるべきポイントをまとめました。

モテるアラサー女性

言葉や表情に可愛げがある

年齢を重ねるにつれ、可愛げがなくなってしまう人は意外と多いもの。

現実に直面したり、つらい経験をしたりと、アラサーになるにつれて、男性を冷めた目で見てしまう人もいることでしょう。

経験が増えるとともに、失敗や傷つくことを恐れる気持ちが増えるのは当然。だからといってトゲのある態度だと、可愛げがないと男性に距離を置かれかねません。

「かわいい」は、若い子だけのものではありません。男性はいくつになってもかわいらしさを求めるものですし、外見だけではなく内面の可愛らしさも重要です。

相手に敬意を持って接することができる女性は、それだけで言葉に柔らかさや可愛らしさが生まれます。そして笑顔も忘れずに。

真面目な会話ができる

若い頃と変わらない可愛さがあることも大切ですが、精神的に幼稚だと、男性に引かれてしまいます。

アラサーなのに、一般常識がわからない、面白い話しかできないとなると、「いままで、何をしてきたんだろう」「中身が空っぽ」と残念に思われかねません。

冗談を交えた楽しい会話ができつつも、真面目な話ができる、真剣な話のときには、茶化さず向き合える、仕事の話を理解してくれる……。男性は、こんな女性のことを「いいな」と感じるのです。

1言えば10わかってくれる

日常のなかには、「ここまで言えば、言わなくてもわかるでしょ?」ということがよくありますよね。

特に男性は説明が苦手。言われた通りに、言われたことだけしか行動できないと、残念ながら「使えない女性」と思われてしまいます。

「使えない女性」という言葉は辛辣ですが、男性は女性に対し、かわいさだけではなく、助けになってくれる力や賢さも求めているのです。

たとえば、「いま忙しい」の一言で「仕事が忙しいみたいだから、連絡しないで待っていよう」「そっとしておこう」と彼が求めていることに想像を巡らせてみて欲しいのです。

1言えば10わかってくれる女性は、説明する手間が省け、男性にとって一緒にいて気楽ですし、面倒さがないため好かれます。

男性は恋愛において「面倒なことが大嫌い」ということを覚えておけば、きっと、あなたの立ち振る舞いも変わってくるはずです。

仕草や言葉に品がある

大人の女性であれば、上品さも身に付けたい魅力のひとつ。

常に上品でかしこまる必要はありませんが、アラサーなのに若者言葉を多用したり、雑な振る舞いをしたりしていると、品がないと思われてしまいます。

最低限の品を身に付けるためにも、「丁寧な言葉遣いを意識する」「マナーを守る」など、基本的なことをしっかり意識しましょう。

気さくでボーイッシュな雰囲気の女性でも、仕草や言葉に品があると女性らしさが生まれるものです。

おわりに

アラサーになると、外見だけではなく内面の魅力も求められるようになります。

外見の魅力を高める努力も大切ですが、大人の女性として、内面の魅力も伝えられるよう意識しましょう。

日々の努力を積み重ねることで、きっと自信を持って恋愛できるようになるはずです。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)