モテるLINE

男性がキュンとする瞬間とは、どんなとき?

表には出さないものの、実は、いろんな場面でキュンとしているものなのです。

LINEでの会話もそのひとつ。モテる女子の場合はとくに、LINEで男子をキュンとさせるのがお得意だそう!

では、どんなLINEで男子をキュンとさせているのでしょう?

モテるLINE

「○○してあげたの、優しいね」

あなたが周りにほとんど気づいてもらえないような配慮をしたとします。

それをちゃんと見ていて評価してくれている人がいたら、嬉しく感じませんか?

モテる女子は視野が広く、空気も読める子が多いので、見てないようでもしっかり見ているんです。

そのため、自分自身への気遣いだけでなく、他の方への気遣いにもちゃんと気づくもの。

そして、「〇〇してあげたの、優しいね!」と、帰宅後のLINEなどで評価。

これにキュンとこない男性のほうが珍しいのではないでしょうか?

「○○くんの楽しみにしてるね」

なにか催しものがあって、出番があるのとき。なにかの発表会やカラオケでもOK。

「〇〇くんの歌、楽しみにしてるね!」と相手の名前を出して楽しみにしていることを伝えれば、LINEをもらった男子は俄然やる気になります。

そういったイベントがなくても、「明日〇〇くんに会えるの楽しみ!」や、「新しいワンピ着ていくから、〇〇くんに見てもらえるの楽しみ!」などでもOK。

写真を撮ってLINEで送るのもいいですが、せっかくなら特別感を漂わせて、モテ要素にしていきましょう。

「また一緒にできるといいね!」

お出かけが終わったり、一緒になにかをがんばったり。

そんなとき、「また一緒にできるといいね!」とLINEが来ると、今日一日のことを思い出せて、キュンとするもの。

デートではもちろん、グループでおでかけしたときも、「また一緒に行けるといいね」とLINEすれば、ドキッとさせることができます。

みんなと一緒ともとれますが、「あなたと一緒に行きたい」ともとれるので、「どういう意味なのかな!?」と、恋の予感と捉えてもらえるのです。

「もしかして○○なの?」

LINEでの会話中、好きなものや好みに関係する話題が出るかもしれません。

そんなときには「もしかして、〇〇なの?」と、推測する質問が効果的!

「へ~、〇〇が好きなんだ~」と、やりとりしている情報から、当たり前のことを言うのではなく、いろいろな情報から「もしかして〇〇なの?」と推測。

こうすることで、「私はあなたのこともっと知りたい! 興味があるの!」というメッセージを送ることができます。

興味を持ってくれれば、もちろん相手の男性も嬉しいですし、「私と一緒だね!」「あ、やっぱり? わかるー!」など、一体感を演出すれば、さらにキュンとさせられるはずです。

おわりに

LINEでは、表情や目線といったテクが使えないので、相手の心にズバっと切り込むようなモテセリフが効果的。

そんな一言を心得ているのが、モテ子の特徴です。紹介したテクニックを、あなたも試してみてはいかが!?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)