好きな人は諦めたくない! でも、ときには早めに気持ちを切り替えて、他のいい人を探すほうが、幸せの近道になることもあります。

もう少しで付き合えるか・付き合ないか、という仲に深入りする前に、彼からのLINEで、脈ありか脈なしかを判断してみませんか?

そこで今回は、男性が送る脈ナシLINEの特徴をまとめました。

「そんなこと言ってたっけ?」

好きな人に言われた言葉や、自分の発言に対する反応・顔の表情などは、よ~く覚えているもの。逆に、興味の無い人については、あまり記憶に残っていないなんて経験はありませんか? 人は気づかぬうちに、自然と記憶に残すものを取捨選択しているのです。

だからこそ、彼に以前話したことなのに、「そんなこと言ってたっけ?」という反応は脈なし。こちらの発言にしろ、彼自身の発言にしろ、あまり覚えてもらえていないなら期待できなさそうです。

もちろん、たまたま忘れていたということもありうるので、そういうことが何度かあると感じた時点で、脈なしを判断するようにしてください。

「思いっきり楽しんできてね!」

どこかへ遊びに行くとき、一言目に「思いっきり楽しんできてね!」と言われたら、これも脈ナシかもしれません。逆の立場で考えてみると、「来週○○にいくんだ~」と彼が言ったら、「誰と行くの!?」と気になったり、「○○が好きなの?」と気になったりしますよね。

彼からそういった反応がなければ、残念ながら、あなたにはあまり興味がない可能性が高いでしょう。あれこれ話したあとに、こういった発言ならいいのですが、一言目にこういった内容で、それ以外話が膨らまないようなら、脈なしと断言できそうです。

愚痴の言葉が汚い

愚痴は、お互い心を許せる相手だからこそ言えるもの。とはいえ、友だちや恋人では、心の許し方が違うはずです。いくら愚痴をこぼしてくれるとはいえ、「クソ上司が~」や「ああいう頭の悪い女が~」など、汚い言葉が多いようなら脈なし。

あなたに「どういう人間として見られるか」を気にしていない可能性が高いのです。もし、魅力的な異性と見てもらいたいなら、ある程度は言葉使いに気を遣うのが普通。たとえ付き合えるとしても、自己中心的な彼氏になる可能性も高いので、早めに次に行くのが正解です。

ストレートすぎる下ネタ

「どういう人間として見られるか」ということでいえば、ストレートすぎる下ネタが飛んでくる場合も、脈なしの可能性が高いもの。

飲み会や二次会など、多少ハメを外してもよさそうなときの下ネタはいいとしても、LINEでの会話は1対1。好意を持っている女性に向けて、安易に下ネタを言える男性はそういません。

友達感覚orヤリ目だからこそ、1対1にもかかわらず、ストレートな下ネタを遠慮なく言うことができるのです。もう少し品位ある、大人の男性を探してください。結局そのほうが、恋もエッチもセンスがいい男性が見つかるはずです。

おわりに

早めに見切りをつけることができれば、その分、次の恋に集中することができます。

顔がいい、年収が高いなどで、とりあえずキープしておきたい、と思うのは個々の判断ですが「幸せになれるか否か」を、自分で判断できるのは大人女子だからこそ。実らぬ恋に執着せず、自身に合った相手を探していきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)