本命彼女に昇格する秘訣

好きな人にはいつも彼女がいて、「都合の良い女」になってしまいがち……。

そんなお悩みを持つ女性もいるでしょう。

彼の本命になりたかったら、自分が彼女以上の存在にならなくてはなりません。そのためには緻密に計算した行動が必要です。

そこで今回は、彼の二番目から本命になるために、おさえるべきポイントについてご紹介します。

本命彼女に昇格する秘訣

1、絶対にエッチしない

まずはこれ! シングル男子とのエッチでさえ、恋人にはなれずセフレになる可能性が高いもの。

それが彼女持ち相手となると、ますます本命の確率は遠のくでしょう。どんなにいいムードになったとしても、絶対にエッチだけはしないこと。

手に入らないからこそ、男性はあなたのことが気になるでしょう。またあなたの本気度もしっかり伝わるはず。

もし、エッチをしてしまったという人がいたら、次の方法を試してみましょう。

2、好意を伝えて放置

一度体を許してしまった人も、そうじゃない人も、彼女持ち男性には一度好意を伝えておくのも方法です。

もしかしたら彼女とうまくいっていないかもしれないし、「好き」と言われたら、あなたを意識してしまうはずですから。

ただ、ここで大切なのは「好き」と伝えたらしつこくせず、ある程度放っておくこと!

少なからず「あれ? 俺のこと好きって言っていたのに、連絡が来ないな……。」と、あなたのことを考えるようになるでしょう。

この駆け引きができれば、いつの間にか彼女以上の存在になれるかも。彼女とケンカをしたり別れたりした際には、真っ先に連絡をもらえるはずです。

3、自分の長所と短所を理解する

恋愛はお互いが対等なのが大前提。しかし「二番目から本命に昇格したい」となると、そこには明らかな差があります。

この場合、女性側は選んでもらう立場ですから、彼は面接官、自分は就活生に置き換えて考えると良いかも。

就活の際に必要なのが、自分の長所と短所を理解すること。はじめは彼の好みじゃなかったとしても、長所が彼の心に刺されば、本命になれる可能性があります。

こんなケースがありました。
Aさんはずっと気になっていた男友達がいました。その男性の彼女は、自分とは正反対の守ってあげたくなるタイプでした。

そこでAさんは自分の長所「明るくてよく喋るところ」を再確認し、ウザくならないを意識しつつ、彼と接していったんだそう。

その結果、彼女と正反対の部分に『居心地の良さ』を感じてもらえ、彼女と別れたあとに、付き合うことができたのだとか。

このように、自分の長所をしっかり知っておけば、いつか彼に理解してもらえる日が来るかもしれませんよ。

おわりに

彼に興味を持ってもらえるよう、ある程度の駆け引きはしつつも、「彼には彼女がいるから……。」と卑屈にならないことが大切。

諦めてしまうと、自分の魅力は彼に届かず、より「都合の良い女」扱いされてしまいますよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)