彼女に着てほしくないファッション

彼とのいつものデート。張り切ってコーデを組んだつもりでも、実は彼に“口には出さないけど思っていること”があるかもしれません。

今回は男子目線での彼女に着てほしくないファッションをテーマに、つっこみにくいと感じた体験談をご紹介します。

彼女に着てほしくないファッション

デートプランに合っていないファッション

「前もってこの日のデートでは夜景を見に行くって伝えてたのに、スポーツカジュアル系の服で全身揃えて来た彼女。

雰囲気勝負のデートプランでこれはないだろ……とガッカリでした。

別にスポーツカジュアル系の服が嫌いなわけじゃないけど、デートプランに合わせることくらい意識して」(25歳/不動産会社)

彼があらかじめデートプランを伝えて来ていたり、2人で話し合って決めたりしている場合は、当日のデートプランに合わせたファッションが鉄則のよう。

シーンにまったく会わないファッションで登場した彼女を見ると、男性側はがっかりしてしまいます。

ノープランのデート以外では気をつけるようにしましょう!

手抜きに見える…カジュアルすぎるファッション

「海外旅行に行っていた彼女と久しぶりのデート。白無地のTシャツにジーンズの恰好だったので、“急いでて手抜きしたのかな?”と思わず疑ってしまいました。

海外セレブっぽくしたいのかな……グラマラス体型ではない彼女が着るとただの手抜きに見える。

非常につっこみにくいです!」(26歳/建築デザイナー)

女子のカジュアルファッションは“気取らなくていい”と男子から好印象ですが、逆効果の場合もあるので要注意!

海外セレブのカジュアルファッションをお手本にするなら、体型やメイクの雰囲気が合っていないと男性目線では理解しにくいようです。

自分に合うファッションかどうか以外にも、カジュアルコーデには女らしい要素を1点取り入れるなど、コーデを組むときの工夫が必要ですよ。

ブランド率高めのファッション

「彼女の全身ブランドコーデが苦手。

全身ブランドで揃えると、周りから“あの人すごいブランド物好きそう”って目で見られるじゃん……その横に並んで歩く俺もけっこう複雑な気持ちに。

ブランド物は部分使いのほうがおしゃれなのでは?」(25歳/美容師)

彼女のブランド率高めのファッションが苦手、という男性は意外と多いよう。

他にも、「俺がブランドに全く興味がないから、歩くときの釣り合いが気になる」という意見もあります。

彼がどの程度ブランド物に理解を示すかわからないうちは特に控えめに。

ブランド物OKの彼だとしても、小物のみブランド物で統一するようなバランスの取り方に注目してみましょう。

より魅力的なファッションに

当日のデートの様子をイメージしたり、自分のファッションを客観的に見たり、軽くイメージしてみましょう。

「次のデートは○○へ行くって言ってたな」と思い出せば、コーデを組むときのヒントに!

彼が「かわいいな♡」と思うファッションを目指すためには、彼目線で考えることも必要ですよ。

(愛カツ編集部)