気になる女子に対して、男子がついやってしまうことの多くは、ろくでもないことです。子どもの頃を思い返すとわかりますよね。

たとえばスカートめくり。あれほどまでにろくでもないことも珍しいですよね。中学生くらいになるとチラ見して目が合うと目をそらしてみたり。

さて、オトナになった男子は、好きな女子にウザがられると思いつつ、どんなことをついやってしまっているのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

必死になって用件を考えてLINEする

男子からたいした用事とは思えないLINEが来たら、それは彼にとっては「たいした用事」なのです。

たとえば仕事関係の男子から「あの企画書の締め切りって明日だっけ?」というLINEが来た場合、彼はその用件を必死になって「つくった」のです。

「とにかく誰かに締め切りを確認しておかなくっちゃ!」と思ってLINEしたわけではなく、「好きという気持ちを抑えることができない! だから彼女となんでもいいからLINEしたい!でも実務的な用件をLINEしないと、彼女に好きバレするおそれがあり恥ずかしい!

さて、彼女に怪しまれない実務的な内容のLINEとはどんなLINEなのか?」と必死に考えて、ようやっとでっちあげたLINEが、「あの企画書の締め切りって明日だっけ?」なのです。

男子は女子に比べ、自分の気持ちを隠しつつ、それとなく相手に好意を伝えるのが下手なんですよね。

「わかりきっていることばかりLINEで聞いてくる男子ってウザい」まあ、そうは言わず、彼の繊細な真意を汲んであげては?

彼氏や元カレのことを超遠まわしに聞いてくる

「週末ひまで寝てばかりいた」と言う女子に対し、「彼氏とかと遊ばなかったの?」と聞いてくる男子は、決まってあなたのことが大好きです。

彼氏とかの「とか」が、もうヤバいですよね。「彼氏いないの?」と聞く勇気がないんですよね。

彼女が「うん、寝てた」と、同じ答えを繰り返すと、今度は「彼氏と遊ぶといいのに」と彼は言ってきます。彼は「彼氏いる」「彼氏いない」のどちらかの答えを、彼女の口から聞きたいんですね。

こんな曖昧な会話が続くと、必然的に会話はさらに曖昧さを増し、結果的に「誰の話をしてるの?」とか「それいつのことを聞いてるの?」みたいなことになって、話が通じなくなって、お互いに気まずくなり、ふたりの関係が疎遠になる、と。

で、彼は「俺、やっぱりウザいと思われたかな」と思うのです。

「彼氏できたらどうする?」的な質問

「もし彼氏ができたら、その人と結婚前提で付き合いたいと思う?」と聞かれても、そんなの、その時にならないとわからないですよね。

あなたのことが大好きな男子は、あなたに、こんなどう答えるといいのかわからない質問をたくさんしてきます。

「付き合ったら同棲したいと思う?」「同棲するならどこに住みたい?」「彼氏ができたら女友達と遊ぶ頻度は減る?」などなど。

質問してくる男子は、「俺、彼女にちょっとウザがられてるかも」とわかっています。がしかし、やっぱり彼女から「あなたと付き合いたいわ」と言われたいのです。だから延々と仮定の質問を繰り返し、あげく、彼女に「この男ウザい」と思われてしまうのです。

いかがでしょうか。

ふつうに考えたら、好きな人とは、まず仲良くするところから始めますよね。まずは友達くらいに距離を縮めておいて、というのが、ふつうの考え方ですよね。

でも男子はなかなかそうは思えないんですね。下半身が生き急いでいるからなのか、女子にも増して恥ずかしがり屋さんなのか、もう男子は、好きな女子に対して、わけのわからない言動ばかりとります。

男子は女子より、自分のことを客観的に見る目が育つのに時間がかかるということかもしれないですね。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)