結婚の悩み

恋愛はロマンチックなもの。大好きな人と同じ時間を共有するひとときというのはなにものにも代えがたいものです。

しかし、結婚となると話は違ってきます。結婚生活はまさに現実。

ロマンチックなことばかりを求めてしまうと、関係が上手くいかなくなってしまうことも。

そこで今回は結婚後に起こりがちな夫婦の悩みをご紹介します。

結婚の悩み

1:貯金が増えない

「結婚すると貯金が増えないんですよ。ママ友たちと話してもみんな口を揃えて言いますね。もちろん、旦那の出世で給料は増えるんですけど、子供が成長するとどんどん学費が高くなってくるんですよ。出費もその分増えるんです」(Yさん・34歳女性)

結婚してからも貯金を増やしたいと思う人は多いでしょう。

しかし、思うように増えないのだとか。独身時代にどれだけ貯金できたかが、結婚後の貯金となることを覚えておくといいかもしれません。

結婚後のお金の心配は独身時代の貯金額に関わってくることもあるようですよ。

2:家事の分担に不満

「家事の分担で不満はありますね。“共働きなのに何で私の方が多いの?”っていつも首をかしげてます。でもそれをいうと喧嘩になるし、嫌な顔されるので、だったら自分がやった方がマシなんですよ。でも不満はありますよね」(Kさん・35歳女性)

お互いの無理がないように納得いく家事の分担を行うというのは案外難しいもの。

仕事の都合で家事が出来ないということもあります。女性もそれは分かっているはず。しかし感謝の気持ちはほしいもの。

そこで、「残業続きで家事が出来なかったときは週末にデートに連れて行くこと」といったように、家事が出来ない場合を見越して分担するといいかもしれません。

3:結婚への憧れはむしろ足かせ

「結婚したら幸せになれると思ってましたけど、そんなことはなかったです。むしろ、理想が高かったばかりに落胆も大きいし、期待に応えてくれない彼と喧嘩も増えました」(Eさん・31歳女性)

理想的な結婚生活を思い描いていると、実生活とのギャップに落胆してしまったり、彼と喧嘩が増えてしまったりといいことはあまりないようです。

「なんで期待に応えてくれないの?って毎日のように嫁と喧嘩して離婚した」という男性もいました。

理想はほどほどに抑えておくことをおすすめします。

4:知らない性格

「一緒に生活するようになると知らない性格が見えてきますよね。トイレの使い方が雑だとか、掃除の仕方が細かいとか。買い物も“こっちの方が安い”って言ってきたり。そういう部分を知る度にこんなはずじゃなかったって思います」(Aさん・36歳女性)

生活を共にすると、相手の知らなかった性格が見えてくることでしょう。特にお金や、育児、食事でも喧嘩することがあるのだとか。

衣食住に関することは生活の基盤ですので、どんな考えを持っているのか、相手の性格を知っておくことは大切です。

まとめ

結婚は生活です。大きな夢を抱くのはよいことですが、実現するためにお互いに努力が必要です。

恋愛観は同じでも、生活観は違うということもありますので、結婚を考えている相手の価値観について、よく知っておくといいでしょう。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)