ある程度気になる相手と親しくなって関わりを持つと、最初に抱いていた印象と違ってギャップが生じたり、「こんなところもあるんだ……」と少し残念に感じることも少なくありません。

一体彼は、どんなタイミングにあなたにネガティブなイメージを持ってしまうのでしょう。

そこで今回は、血液型から「O型男子がこの子と相性悪いなと感じる瞬間」についてご紹介いたします。

O型男子が相性が悪いと感じる女性

自分のやり方や考えを肯定されないとき

O型男子は、親しくなればなるほど異性には「自分の味方であって欲しい」と望む気持ちが強くなると言えます。実際に、彼はかなり自己顕示欲が強く、同時に努力家でもあります。

そのため、彼にダメ出しすると「何もわかっていない」と、相性の悪さのせいにしてしまいそう。そんな彼に対しては、まずはいったん受け入れるように心がけましょう。

現状を肯定した上で次の自己の計画や目標について、話ができれば理想的です。

仲良しだと認識した相手にウソをつかれたとき

O型男子の彼は、スケールが大きくいつも夢に燃えるタイプと言えます。しかし現実的な側面も持っており、約束したことや自分が語ったことは形にしようと頑張るでしょう。

そんな彼に、適当なことを言ったり守れもしない約束をするのはNG。関係が深まれば深まるほど、生じる歪みもかなり大きなものに。

非常に情熱的で激しい性格の反面、ウソをつかれると関わりを断つことも。彼が求めるのは、誠実さのある女子なのです。

一緒にがんばることができないと悟ったとき

O型男子はその強引な性格ゆえに、恋を全て自分の思惑通りに運ばせようとするところが。そのため、恋愛対象として意識し始めると、関わるのにややエネルギーと苦労がつきまといます。

でも、そこで挫折したり「暑苦しい」と態度に出してしまうと破綻してしまうでしょう。熱血漢な彼は、自分についてきてくれて共に頑張ってくれる体育会系の女子を求めています。

すべてに合わせる必要はありませんが、めんどくささを顔に出すのは避けましょう。

親しくなったのに曖昧な態度をとられ続けたとき

O型男子は、何事も中途半端であることを好まないと言えます。もちろん、恋愛関係においてもキチンとした間柄を好み、ハッキリと結論を出して欲しいと思うタイプ。

そんな彼に対しては、ある程度親しくなった後に曖昧な態度をとり続けたり駆け引きをするのはアウト。ずっと淡い期待を持ち続ける彼ではないので、早々に相性が悪かったのだと見切りをつけるはず。

もしも彼に対して気があるなら、ストレートにぶつかりましょう。

おわりに

O型男子は、気になる相手の気持ちを知る前には、ちょっとした障害があった方が燃えるようです。しかし、相手の気持ちがある程度わかった後は、いつまでも放置やおあずけをしているとイライラするところが。

そのため、彼が今どの状態、フェーズにあるのかを判断して動かないと逃がしてしまうことも。

彼との関係においては、日常の中にあるちょっとした変化に目を向けて、素直な気持ちで接することが大切なのです。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)