抱きしめたくなる彼女

彼とキスやエッチはするものの、ハグは久しくしていない……。という人もいるはず。

女性側から積極的にハグをするのも良いですが、やはり彼から抱きしめてほしいのが本音。

力強くギュッとされるだけで愛情を感じられて、幸せな気分になれますよね。

そこで今回は、男性が彼女を抱きしめたくなる瞬間についてご紹介します。

抱きしめたくなる彼女

1、甘えてくれたとき

「普段は割とクールな彼女が、ふたりきりになると甘えてくる。その上目遣いを見た瞬間、抱きしめたくてたまらなくなりますね」(33歳/広告)

わかりやすく甘えられると、男性も思わず手が出てしまいます。

それに彼だっていつも自分がリードしてばかりだと、「本当はイヤなんじゃないかな?」と不安になります。

だからこそ彼女のほうからわかりやすい「甘いムード」を演出してもらえると、安心してスキンシップが取れるようです。

2、悲しみを我慢しているとき

「本当はもう少し一緒にいたいけれど言えないとか、泣くのを我慢しているのがわかったとき。感情を押し殺しているのがわかると、そっと抱きしめたくなります」(27歳/接客)

大好きな彼女が堪えている姿は、心が痛むもの。「もうこれ以上我慢しなくていいんだよ」との意味合いも込めて、思わずギュッと抱きしめるようです。

常に自分の感情が大爆発して彼とケンカばかりしている人がいたら、こういうしおらしい一面を見せるのも手。

もしかしたら彼からのハグが期待できるかもしれません。

3、照れているとき

「言い間違いをして照れている瞬間とか、かわいすぎて抱きしめたくなる!」(35歳/メーカー勤務)

恥ずかしがる女子の姿って、男性からするとかなりキュンキュンくるみたい。

何でもクールに流すのも良いですが、たまにはそのままの気持ちを表現してみてはいかがでしょうか。

照れ上手な女子は、きっと異性を虜にしますよ。

4、素がみえたとき

「彼女がスッピン+薄手の部屋着でウトウトとしていた。『こんな姿俺しか見られないんだよな~』と思ったら、急に愛おしさがこみあげて来て。思いっきり抱きしめちゃいましたね」(29歳/住宅)

女性側にこういう隙があると、男性もカッコつけた自分だけじゃなくて、「やっぱり彼女のこと好きだな~」と本来の感情を思い出すのかも。

そうすると自然と気持ちがあふれ出して、ハグという行動につながるのかもしれませんね。

おわりに

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)でも「火曜日はハグの日」というお約束がありました。

カップルでも習慣化しないと、やはりハグはだんだんと減ってきてしまいます。

だからこそ、時々ハグしやすい雰囲気を作って、彼の「ギュッと抱きしめたい欲」をかきたてるのが良いかもしれません。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)