彼女のNG行為

昔はちょいワルや、浮気をしちゃうダメ男に惹かれていた女性も、年齢を重ねるごとに見る目が養われてきます。

その甲斐あって、いまは彼氏と幸せな日々を過ごしている人もいるのではないでしょうか。

しかし、「彼は優しいから」と自分勝手な行動ばかりしていると、突然別れを告げられてしまうかも。

そこで今回は、いくら温厚な付き合いをしている彼氏でも「これだけは許せない!」と思うことについてご紹介します。

彼女のNG行為

1、家族を否定

「彼女に『○○くんのお母さんって、ちょっと教育ママ系だよね(笑)』と言われたとき。俺のことをバカにするのは良いけれど、両親をいじるのは許せない」(29歳/広告)

家族はかけがえのない存在。そのため少しでもバカにした態度が見えると、怒りがこみ上げてきます。

彼女に「マザコン」と思われるのがイヤなため、指摘しなくても内心では許せないと思っているでしょう。

また、自分が家族を下げるのは良いけれど、他人にはとやかく言われたくない場合も多いもの。

彼が自分の両親や兄弟を下げる発言をしても、それに安易に乗っかってはダメですよ。

2、元カレと遊ぶ

「彼女が実は隠れて元カレと会っていたことが判明。『いまはもう友達だから!』と言っていたけれど、絶対ウソだろと思っちゃう」(31歳/製造)

百歩譲って男友達であれば、まだ理由をつけて納得させられることもあります。しかし、元カレともなると、どう頑張っても完全アウト。

いまは友達として交流があるとはいえ、会うこと自体が理解できません。「身体の関係があるんじゃないの……?」と疑ってしまうのも無理はないかも。

もし、彼が元カノと会っていたら、やっぱり良い気持ちはしないですよね。いまの彼氏が大切ならば、過去は手放すことも必要です。

3、彼のコンプレックスを第三者に話す

「俺は彼女よりも身長が低いのが悩みだけど、友達の前でも『○○くん(俺)って私より3㎝身長低いんだよ~!』と言っちゃうところがイヤ。何度注意しても『かわいいんだから良いじゃん!』と正当化してくるし、そろそろ別れようか検討中です」(26歳/営業)

彼女にとっては、大好きな彼だったら、どんな部分でも愛しいのでしょう。でも、本気で悩んでいる彼からしたら、コンプレックスを刺激する発言は迷惑です。ましてや第三者に話すなんて、悪気はなくても論外です。

おわりに

大好きな彼氏を怒らせてしまった場合、修復はかなり難しいでしょう。

「うちの彼氏は優しいから」なんて高をくくらず、自分がされてイヤなことは他人にもしないようにしましょうね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)