モテる年上女子

モテる年上女子はどうやって年下男子を恋の魔法にかけているのでしょうか?

今回は5つのテクニックをヒントとしてお伝えします。

モテる年上女子

テクニック1:とにかく優しく笑顔をキープ

残念な女子は年下男子に、「年上だからお姉さんらしさを見せなければ」と思い、色々とアドバイスしようとします。

ただい、年下男子としては「お説教される機会が増えた」くらいにしか感じませんし、それがネガティブに思われることもあります。

モテる年上女子はこういう勘違いをせず、徹底して「最後の砦」的な存在になるように努めます。

年下男子の前ではとにかく優しく包み込み、笑顔をキープするようにします。

そうすることで、年下男子から自然と弱音や相談をされる、そんな立場になります。

年下男子から自発的に相談されるようになれば、「お説教」ととられるリスクは格段に低くなります。

モテる年上女子は、多くを語らず、年下男子が相談してきやすい雰囲気作りを徹底します。

テクニック2:イベントを見落とさない

バレンタイン、ホワイトデー、エイプリルフール、ゴールデンウィークなどなど日本のイベントを持てる年上女子は見落としません。

気になる年下男子はどういう形で過ごすつもりなのか、1か月前辺りには探りを完了させています。

そして、イベントの間に、年下男子がどうしてほしいのかを聞き出して、それに合わせて自然と当日は行動するようにします。

モテる年上女子は、未来の予定の準備をすることで、「年上でしっかりしている」という印象を年下男子に与えます。

テクニック3: お会計で悩ませない

年下男子の多くは、年上女子とのデートでのお会計に悩んでいます。全額毎回払うのは負担が大きいが、いいところを見せたい。

年上だから女子側も気にしてしまうのではないか…など年下男子の悩みは尽きません。

モテる年上女子は、自分からお会計についての提案をしっかりします。割勘、交互にご馳走し合う、一定額決めておく…など。

年下男子がデートの会計の度に不安を感じさせないような工夫をしています。

残念な女子は毎回お任せなので、会計シーンに遭遇するたびに年下男子にストレスをかけてしまっていいます。

そして、それが蓄積されていることに気づきません。

テクニック4:褒める

モテる年上女子は愚痴を言わないことはもちろんですが、年下男子の良いところや工夫を見つけて、褒めます。

同世代や年下に褒められるのはくすぐったい感じがしますが、年上女子から褒められると、以外と年下男子は素直に嬉しいと感じられることが多いです。

モテる年上女子は、「第一声で褒める」ことを心がけます。デートの待ち合わせで会ったら、「今日はXXが良いね」といった形で。

そうすることでデートの初めから年上男子はとても晴れやかな気持ちでスタートすることができます。

年下男子の多くは、年上女子は「期待値が高い」と思って多少なりともデートの時は緊張していますので、それを和らげることにも役立ちます。

テクニック5:ハグ

モテる年上女子は、男子が甘えやすい雰囲気作りに余念がありません。モテる年下女子が、勢いで腕組みなどするのと似ています。

ハグをしてあげると、普段され慣れていない年下男子はとてもドキドキしつつ、甘えたい気持ちにとてもなります。

モテる年上女子は、デートの最後に改札で別れる前などにこのテクニックを使います。そうすることで、年下男子は、「次回またしてもらいたい」と思いあなたへの愛が芽生えるのです。

さらにモテる年上女子は、毎回ではなく3回に一度など、じらしテクニックも混ぜることで、年下男子の心をわしづかみにしていきます。

今回のテクニックは、いかがでしたか?

可愛い年下男子を狙っている女子は、モテ年上女子に後れを取らないように、ぜひ今回のヒントを参考にしてみてくださいね。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)