“浮気は男の甲斐性”なんて言葉がありますが、いまどきそんなフレーズは流行りません。やはり女子からすれば、彼の浮気は言語道断なこと。

でも、どうやって浮気を防いだらいいのか悩んでしまう人も少なくないですよね。

そこで今回は心理テクニックによって「彼が浮気しなくなる方法」をご紹介いたします。

急に「今から寄っていいか」と尋ねてみる

彼の浮気を防止する上で一番大切なのは、いつ何どきも気が抜けないという状況下に置くことだと言えます。そこで大切なのはズバリ“突発性”です。

「今ちょうど近くにいるんだけど…」「ごめん!終電逃しちゃって…」「忘れ物取りに行っていい?」「渡したいものがあるんだけど」など、それらしい理由をつけて突然お邪魔したい旨を伝えましょう。

そうするだけで、彼は自分のテリトリーに他の女子を連れ込みにくくなりますよ。

マメに自分が何をしているかLINEする

浮気症な男子は、とにかく聞かれないと何をしているか答えない傾向が強いと言えます。

スケジュールなどを聞かれたらかなり詳細にアリバイ工作をし、一度彼女を安心させてから浮気に走るため発見しにくいのが特徴です。

そこで、そんな彼の浮気を防止するために、まずはあなたからマメにスケジュールを伝えましょう。LINEでも「自分は今日、こんな予定があるんだ」や「今夜は友達飲み会があるよ」など事前に伝えて、聞いてもいないのに自分の行動をLINEするのです。

そうすると、自分も伝えなくてはいけないような気持ちになり、浮気しにくくなるでしょう。

話に“例え”を取り入れてプレッシャーをかける

彼にさりげなくプレッシャーをかけて、簡単に浮気を防止する方法があります。それは、話の中に“例え”を取り入れること。

「ねえ、もしも恋人が浮気してたとしたらどう思う?」などの例え話を会話の中に取り入れることによって、ドキッとさせる一言を発してみましょう。

よほどのことがない限り、彼はかなりの動揺を見せれるはず。通常なら、「そんなの許さないに決まってる」と答えるはずなので、そこで意図せず彼に“浮気=悪”という思考回路を植え付けることができるように。

罪悪感を事前に持たせれば、浮気の可能性もかなり減るでしょう。

浮気防止の究極フレーズは「今日、見かけたよ」

浮気願望を少なからず持っている彼を、震え上がらせる究極のフレーズがあります。それは「今日、見かけたよ」の一言。

このフレーズを、何だか怪しいと感じたときにLINEするだけ。具体的にいつ・どこで・何を見たかを言う必要はありません。無言の圧力であちらから話しはじめるよう仕向けましょう。

あたかも「すべてを見た」という体裁で送ることができればGood。常に誰かから見られているという恐怖感から、まず浮気しなくなるでしょう。

ただしこのテクニックは、何度も使うと効果が半減するので、ここ一番で使うようにしましょう。

おわりに

男子は、一度浮気をするとその味を覚えてしまって、そこから何度も浮気を繰り返してしまうもの。そのため、浮気防止には早期発見・早期解決が大切。

もしも彼の行動が最近怪しいと感じたら、まずは確実な証拠を掴みましょう。そして、タイミングを見計らって上記テクでクギを刺してみてください。浮気願望がかなり削がれるはず。

ただし、確証もないのに疑うのはNG。信頼関係を壊してしまいかねませんからね。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)