年下男子の褒め方

年上女子と年下男子のカップルは歳の差があるからこそ、その関係も微妙なバランスがあるものです。

年下男子くんは、年上女子の前では子犬のように振る舞いますが、やっぱり彼女からは認められたいと思っているものです。

そこで、年下男子くんにかけてあげると喜ぶ褒め言葉を3つ紹介します。

年下男子の褒め方

◯◯くんがいて助かった

年上男子の比べると年下男子くんは経済力や経験的にも劣ってしまうもの。

年下ゆえに、自分が頼りないということに多少なりのコンプレックスを感じているものです。

特に男性は誰もが好きな彼女に頼りになるところを見せたいと思っているもの。だからデート中、年上女子は積極的に年下男子くんが頼りになるということをほめると、年下男子くんは嬉しくなりますよ。

荷物を持ってくれたら、「重くて大変だったから助かった」、道案内をしてくれたら「さすが◯◯くんは頼りになるね」とすかさず褒めるようにしましょう。

反対に「若いね」とか「そんなことまだ知らない歳だよね」など、若さを強調するセリフは禁物です。

◯◯くんは優しいね

年下であっても男性として女性にジェントルマンのように振る舞いたいと思っています。

意外にも年下だから何でも許されると女性に甘えることを望んではおらず、いっぱしの男性のように女性に振る舞いたいと思っているんですよ。

そんな年下男子くんをジェントルマンに育てるのは、年上女子のお仕事でもあります。

デート中に気をきかせてジュースを買ってきてくれたら「優しいね」、車道の方を歩いてくれたら「紳士的だね」とこまめにほめることで年下男子くんもちゃんと男性として振る舞えている安心感が得られますよ。

◯◯くんかっこいい

年下男子くんは他の男性と同様、かっこよくありたいと思っています。しかし年上女子はすでにかっこいい男性をたくさん知っているもの。

やはり、年上男子の経験や場慣れな感じは簡単には体得できませんよね。

その中で、年下男子くんがかっこいいと言えるものはスポーツや知識があるかもしれません。

スポーツが得意な男性には、スポーツができるところに行き、知識が豊富、趣味があるなどの場合は彼が得意とする場で本領を発揮してもらいましょう。
かっこいいところが見せられる場所を選ぶのも手です。

あなたも彼を惚れなおすかもしれませんし、彼もかっこいいところを披露できて満足してくれると思いますよ。

まとめ

どんな男性も女性に認められると嬉しいもの。特に年下男子は気になっているコンプレックスをプラスに刺激してあげるといいでしょう。

ほめて喜ばれる関係はお互いの気持ちを安定させて、良いお付き合いに発展していきますよ。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)