愛され彼女

彼からどれだけ愛されているか、なんて数値などで測れるものではないことは、自分の自信がない女子からしたら不安要素かもしれません。

男子からしても、彼女のことが大好きで、大切に想っていると自然に言動も愛情深いものになります。

そこで今回は、愛されてる彼女だけがしてもらっていることをご紹介します。

愛され彼女

彼女の意見が優先になりがち

彼女のこと大好きだと、甘やかしたくなる気持ちや、彼女の笑顔が見たいこともあり、自分のことよりも彼女を優先しがちになる男子もいます。

彼女の望むこと(わがまま?)を実際に叶えられるか否かは別にして、なるべく聞いてあげたいと思うんです。

たとえ、忙しくても彼女に「〇〇行きたい」と言われたら、時間調整をしていけるようにしたり、「クリスマスイブは一緒にいたい」と言われたら寂しい思いをさせないように時間を作ったり。

彼女の要望に添えるように動くのは、彼女のことが大事だから。そこまで大事に思ってなかったら、そこまで奉仕精神は発揮しないものです。

長電話や長時間の買い物に付き合ってくれる

元から長電話が好きな男子を除き、男子の多くは長電話が好きではありません。

しかし、彼女との長電話なら付き合えるんです。彼女のことが大好きだと、多少の苦手なことも平気で出来てしまうもの。

買い物もそう。自分の見たいものではなく、彼女の見たいものに長時間付き合えるのは、彼女と一緒にいるだけで満足と思えるほど彼女のことが好きだから。

自分の時間をたくさん彼女のために使うのは、彼女のことを大事にしている証拠です。

些細なことでも褒めてくれる

些細なこと、例えば「ネイル変えたの? 可愛いじゃん!」「今日の服すごく似合ってる」などなど、ちょっとしたことを褒めてくれるのは、愛情がだだ漏れしている証し。

男子の性格にもよるとは思いますが、好きだけどそこまでゾッコンじゃない場合、心の中で『へー。ネイル変えたんだ』と思うくらいで、言葉に出さないこともあります。

言葉に出して褒めるのは、彼女を大事に思うが故の愛情表現。彼女のことを大事に思っている彼は、欠点を指摘するのではなく、素敵な部分を見つけて褒めてくれます。

彼女の気持ちに敏感になってくれる

相手のことを大切に想うと、相手の心の揺れ動きに敏感になったりします。

男子の中には元々相手の気持ちに敏感な人もいますが、多少鈍感な男子でも、彼女のことをいつも観察していれば、表情や言葉づかいで彼女の気持ちがわかるもの。

彼女の気持ちを読み、先回りして気の利いた行動をしてくれるのは、彼女を大切に想っているから。

少しでも彼女の役に立ちたい、少しでも彼女を大事にしたい、という気持ちが強いと、彼女の気持ちにも敏感になるものです。

大好きになれば多少過保護になる

彼氏に愛されている彼女は、雑に扱われることはなく、むしろ、ちょっと過保護にも思える扱いを受けることが多いもの。

そこに甘んじて、当たり前のように捉えるのはNGです。

彼に感謝しながら、愛を嚙みしめましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)