こんにちは。「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。

気になる相手との距離を縮めるのに便利な、LINEでのコミュニケーション。

今回は、男性が「わかっちゃいるけど、ついつい落ちそうになる!」と思う、ちょっとしたLINEテクニックをお伝えできればと思います。

つい落ちそうになる!ちょっとしたLINEテク

1、男性は「必要とされていることが嬉しい」生き物

女性から「必要とされている」という感情を持たれることは、男性にとって大好物。

では、LINEのやりとりで簡単に「必要とされている」ことを相手に伝えるにはどうしたらいいでしょう?

そんな難しく考えなくて大丈夫。その答えは「会いたい」です。

「必要とされている」=「会いたい」というシンプルな方程式。

相手の関係性の深さによって「会いたい」表現度合いは変わりますが、LINEの〆に、「早く会いたいな」や「また、早く会いたいですね」とさらっと付け加えてみましょう。

もう少し丁寧に言う相手なら、「早く、会えるの楽しみにしてます」でOK!こんな簡単な文章をつけるだけで、男性はとても嬉しいんです。

2、既読スルーのタイミングと寝かし方

次は、タイミング。これは恋愛における駆け引きのLINEバージョン。

まずは、ガンガン、あなたからLINEを送るんです。内容は「今日は何してるんですか?」「お仕事お疲れ様でした!」のような、特に、そのLINEに深い意味は持たせず、「俺のことが好きなのかな?」と相手の男性が感じるもの。

そして、男性が優越感に浸るなか、彼からのLINEは1回既読スルー!

これは、どんな男でも気になります。

「もしや、スマホ無くしたの?」などの色んな心配やら不安が頭をよぎります。

1日寝かすくらいが丁度いいでしょう。そこから「ごめん、充電が切れてて」「ごめんなさい、スマホが調子悪くて」とレスがあったときの、安堵感たるもの半端ないですから。

3、グループLINEから個人LINE

飲み会や合コンなどの定番、グループLINE。

一旦は、幹事が参加者をつなぐパターンは普通。ここから、気になる相手には、絶対に個人LINEに移行するべきです。

女性は何かと相手からのLINEを待ちぎみ。男性もグループLINEから抜け出して、個別にLINEをもらうのは嫌じゃありません。

どんな内容を送っていいか?が悩むところ。あまり、がっついた感じは見せたくないですからね。

無難なのは、グループLINEでは、「今日はありがとうございました」のお決まりの感謝の気持ちLINEは入れず、「とても楽しかったです!」的、感想LINEにしておいて、気になる相手の個別LINEに、感謝の気持ちLINEを入れてみるくらいでいいですよ。

4、LINEでも必ず名前を呼んであげて

これは一気に、相手との距離を縮めるテクニックです。

一番いいのは、「あだ名」。

LINEを送るときは、「○○くん」「○○さん」をつけて文章を作る方が、間違いなく親近感は沸きます。

これだけでも及第点なんですが、さらに上を行くなら、この「○○くん」のところを、あだ名に崩してみるとより距離は縮まります。

ただ、実際に飲み会や合コンの場で、あだ名で呼んで相手が認識している事実があることは必須。急に勝手なあだ名を作ってはいけません。

その工程を踏めば、LINEで使っても馴れ馴れしくありませんよ。これ、意外とじわじわ効果あります。

LINEで親近感を高めよう

顔の見えないLINEの世界で、より親近感を高めていくには、今回紹介したような、ちょっとしたテクニックを意識して使うといいですね。

誰でも真似できるものですから、ぜひ、トライしてみてください。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)