彼女の冷めた瞬間

誰か人を好きになったとき、親しくなるためには信頼を得ることが大事。相談なんかをされたら、それは頼りにされている証拠です。

しかし、その相談が恋愛に関するもので、ショックを受けてしまう場合も……。では、男性が恋の相談をしてくる心理とはどんなものなんでしょう?

恋の相談をする男性

親身になってくれるはず

「知り合って五年以上になる女友だちがいました。仲が良くて、二人で飲みに行くことも。あるとき、僕に好きな子ができて、その相談をしたんです。女性の意見は貴重ですからね。

思った通り親身になって聞いてくれました。おかげで付き合うことができたんです。けど、友だちのほうとはあまり連絡が取れなくなり、疎遠になってしまいました」(30歳/営業)

親身になってくれるだろうと相談したわけですが、男性側にある感情は信頼のみ。女性側が好意を抱いているのなら、辛い状況かもしれません。

申し訳ないと思いつつ

「仲良くしている女友だちがいました。ただ、なんとなく俺に好意を抱いているのは分かっていたんです。だからこそ、仲良くなれたというところもある。

ところが、俺に好きな子ができてしまった。それを伝えるべきか悩みました。でも、女性の意見も聞きたいし、その子に対して恋愛感情がないというのを伝えるいい機会でもあると思って、申し訳ないと思いつつも相談したことがあります」(29歳/金融)

仲のいい友だちでいたい……というのを暗に示すように、恋愛相談をする場合があります。友だち以上の関係を求めないで欲しいと、予防線を張っているわけですね。

同じくらいのレベルで参考になる

「以前、恋愛相談をした女の子が、あまり経験のない子だったんです。そのせいか、発言がいまいちピンとこない。実際、あまり参考になりませんでした。

しばらくしてまた別の子を好きになったとき、同じくらいのレベルの子に相談しようと思ったんです。見た目もそうだけど、恋愛経験においても。アドバイスはドンピシャ。お陰で付き合うことができました」(28歳/出版)

女性にもタイプがあります。恋愛経験の少ない子に、豊富な子の気持ちを聞いても、考えが及ばないところがある。なので、同じレベルの子に意見を求めるのも大事。これは裏を返すと、「あなたぐらいの女性を好きになる」という意思表示にも捉えられますよね。

相談相手の気持ちを知りたい

「ちょっと気になる……ぐらいの女の子がいました。それを、女友だちに相談したんです。でも実は、俺としてはその友だちのほうが好きだった。ようするに、相談することで気持ちを探ろうとしたんです。

しかし、その子が思いのほか真剣に悩んで……。ありがたいことだけど、俺に対してまったく好意はないというのが、ひしひし伝わってきました」(28歳/公務員)

恋愛相談をすることで、相手の反応を確認したかったわけですね。本当は、焦る様子を見たかったんでしょう。女性が親身になるほど、男性は切なさを感じます。

おわりに

男性が恋愛の相談を持ち掛けるということは、すでに親しい間柄だからでしょう。ならば、相手のこういった心理はある程度は読み取れるはず。

それを知って、次にどうするのか。関係性をよく考慮して行動して欲しいものです。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)