男子ががっかりするデート

デートをするにあたって、行きたい場所についてあらかじめ考えておきますよね。

たまに、彼女側が決めた“私が喜ぶ”デートプランを実行することもあるのでは?しかし、男性にとってはそれが苦痛となる場合も……。

男性のテンションが上がらない女子のデートプランについて聞いてみました。

男子ががっかりするデート

「分刻みの移動」でみっちり

「デート前日。明日どこ行く?と彼女にLINEしたんです。そしたら、彼女がプランを考えたというので、可愛いなと思っていたら、LINEを見てビックリ。行き先がいっぱい……。しかも、移動時間も分刻み。行きたくねぇ……。と思ってしまいました」(33歳/不動産)

いろんな場所に行きたい気持ちは分かりますが、時間に追われるようなデートはしたくはありません。

特に、のんびりとしたタイプの男性はよりその傾向に。

一日に行きたい場所の全てを詰め込むのではなく、数回に分けるなどして、余裕のあるデートを楽しみましょう。

目的がない「ウィンドウショッピング」

「彼女がデートで行きたいところがあると言うのでついて行ったんです。すると、若者が集まるおしゃれな街に到着。どの店に行きたいの?と聞いたら、ここだけど?と言われました。要するにウィンドウショッピングがしたかったみたい。僕には楽しさが分かりません」(28歳/営業)

男性のなかには、何が買いたい、何が食べたいと、明確な目的を求める人が結構います。

そういうタイプの人は、漠然としたウィンドウショッピングのようなプランをあまり好みません。

せめて彼が喜ぶ店に立ち寄るなどの配慮をしたいものです。

車で「ビール工場」

「彼女とデート場所を決めてたらビール工場に行きたいと提案されたので同意しました。しかし、車じゃないと行きにくい場所だと言われ、車で向かうことに。行先はビール工場。運転手なので一切試飲ができず楽しさ半減でした」(36歳/自営)

お酒好きには酷なデートプランですね。車の免許を持っていない女子は、こういったところを見落としがちなので、車移動のデートをする際は注意すべきです。

夜景の見える「高級レストラン」

「彼女が前から行きたいと言っていたレストランに行くことに。場所は彼女が知っていたので、僕はついて行きました。するとそこは、夜景の見えるレストラン。高級そうな雰囲気で値段がいくらなのか心配に。彼女は“落ち着く~”と満足そうだったけど、こっちは気が気じゃなかった」(29歳/飲食)

男性は、デート代は払わなければいけないという意識があります。かかる費用も心配の種。

雰囲気重視で高級店などを選んでしまうと、男性は落ち着くどころではなくなってしまいますのであらかじめ予算を伝えるなど配慮しましょう。

おわりに

どこに行きたいと提案をしてくれるのは、男性としては嬉しいもの。

でも、行き先にまったく配慮がないと、男性はガッカリ。状況をよく考慮して、相応しいものを提案してあげてください。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)